fc2ブログ

おめでとうは言えなくて。

年賀富士CZ

★これはベランダから見る、富士山夕景の拡大写真です。

★さて、松の内も過ぎてしまい、本来なら年賀のご挨拶を申し上げるのですが、2004年元旦に起きた能登半島をはじめとした災害に呆然として新年のご挨拶も言えない有様です。

★どれほどの心配をしたとしても、どれだけ心を痛めたとしても、何も出来ないもどかしさ。ただ祈るばかりの虚しさの中で、何と言って新年の祝詞をしたらいいのかと戸惑い、どうにもならないことを知ったのでした。

★本当にささやかに義援金を出して、被災した方々の、悲しみ苦しみがほんの少しでもなくなるよう、祈るしかない虚しさを、東北の3、11と同様、感じるばかりの無力さに心が落ち込みます。

★例年、青山墓地に年末に墓参りに訪れるのですが、今年はタイに住む甥の帰国の都合で、明けて1月の3日に、我々夫婦と次男の夫婦とその甥とで、先祖と父母、そして亡くなった妹の墓に参りました。

★よく晴れて、久しぶりの大人数での墓参りになりました。

★合わせて、震災で亡くなった方々の御冥福と、未だ行方不明の方々のご無事を合わせて祈りました。

★能登半島の珠洲や輪島は、自身の過去の疎開した地や、幼少の頃住んでいた処以外では、旅行嫌いの家人と唯一と言っていいほど旅した地でもあります。、小生は2回目でしたが、初めての家人は思い出に残る素敵な土地でした。

★それだけにあそこにいた親切な本当に良い方々が、突然の災難と恐怖に引き裂かれたのかと思うと、本当に耐えられません。

★落ち着いたら、若ければ何を置いても駆けつけてお手伝いをと思っても、そこら中に病を負った、後2か月で81才の身ではなにを悔やんでも、何も出来ません。

★もう何回も書きましたが、畳が擦り切れて藁になり果て、床下の板の隙間から凩が吹きあげて眠れなかった幼少期の事を思うにつけ、避難所での苛酷な日々は、いかばかりかと想像するばかりです。

★暖房にあたり、加湿器のある中でお餅を食べている身で、何をかいわんやですが、『生きてください!。生き抜いてください』

★それしか言えません。

★81才今年もなんとか生き抜くつもりです。書き残したことは沢山あるので、ただ書くのみです。

★本当に筆不精で書くのが苦手だった小生、70代の終わりに体力も無くなって・・・・・・

★「書き残さねば、あれも、これも」と痛切に思い始めた愚か者です。

★ま、その事は悔やんではいませんが。

★それではまた。

スポンサーサイト



theme : いま想うこと
genre : 日記

そろそろ1年を振り返るか?

玄関側からの眺め

★建物は平成元年完成のボロでも、何しろ小生の住む処は眺めだけは良くて、玄関側はこの景色で、ベランダからは富士が見えるという絶景の9階です。

★さて、しばらく休んでいました作劇、多分2018年から書き続けている小説はあるのですが、未だ完成せず、今年は2018年に約束した、例の四国松山の一草庵で上演された「風に吹かれて山頭火」の一人芝居とその後に書いた「百合若大臣物語」-元寇・夢の後にーの2本の戯曲を書き上げることが出来ました。

★何を2本の戯曲を書いて自慢してやがんだとお思いでしょうが、80才にして2本の戯曲を書くなどという事は本当に体力無しではできません。

★だいたい日本の作家は書き過ぎなんです。1年に10本も15本も脚本を書かねば食えないとか、小説なども次から次と書かなければ食っていけないなどという事は、いかにこの国が、文化や芸術に対して貧しい国かという事の象徴でもあります。

★文句があるなら書いてみてください。1年の間に1つの戯曲を書くということが、その調査、自分の頭の中での構想を練る時間、実際のパソコンに向かって書く時間と、その労力がどれほどのものか分かれば納得するはずです。

★まあそんな偉そう事は止めといて、この「百合若大臣物語」は来年2024年3月17日に長崎の島、壱岐の博物館で壱岐未来座により上演されます。又近づいたら告知させて頂きます。

★ただこのお芝居の元ネタと言うか、話の元は大変な物語で、これを未来座の堀川さんから聞いた時は驚きました。

★調べてみると、今を去る事何百年前、室町幕府時代に、かの蒙古の船団が日本を2度襲撃してきまして、2度目は台風(いわゆる神風)によって、撃退したのでありますが、その時の幕府から命を受けた「百合若大臣」が対戦終って、壱岐の島で3日休んでいたところ、部下の兄弟に手柄を横取りされてしまい、その復讐をするという話なのです。

★それだけ見ると、なーんだ良くある話じゃないかとなりますが、これは日本各地に存在する、桃太郎の鬼退治の物語の原型ともいわれ、ある研究者によれば、これこそギリシャ神話のユーリシーズの原型から日本に渡り、桃太郎と鬼が島の鬼の話に変化したのだという、壮大な話になるのです。

★これは壮大な話で、何年も壱岐の地元の偉人や、島の英雄の話などを書いたり、またお手伝いの潤色をしてきた身としては、こんな壮大な話をもっと早く知っていれば、うちの劇団でもやったのにと思われるくらいの、壮大なネタなのでありました。

★何しろ壮大な話大好きなお陰で、小劇場やアングラで30人位の客の地下で芝居が盛んな頃、三百人劇場や当時の労音会館でスペクタクルな芝居をやっては、赤字を出してその後、3年間は赤字の借金返しをやってきた、スペクタクル好きの小生なのですが・・・・・・脱線!

★故郷を棄てたわけではないけれど、何年も行方不明になってやがて帰還したユーリシーズのギリシャ神話の話は、生まれは東京でも、故郷を持たない小生としては身につまされる物語で、以前ギルドでも「オデュセウスの涙」―それでも、家に帰りたい―と題して、三人囃子と劇団ギルドとの合同公演で下北沢の「劇」小劇場で2006年の秋にやりました。

★その時にこの物語の元ネタを知っていれば、また別のふくらみがあったのかもと、悔いても仕方ないような思いも持ちました。

★それはそれとしてこの「百合若大臣物語」―元寇・夢の後で―は拝み倒して、1週間締め切りを伸ばしていただいて、(例によって例の如く締め切り破りのジジィであります)全力で書きあげました。

★壱岐の未来座は子供たちからお年寄りまでの各層の方々が居て、本当に素晴らしいお芝居をする劇団なので、是非お近くの方或いはお暇と関心のある方は楽しみにしてください。

★そんなわけで、その後12月の初めに長崎県は諫早市の図書館でのシナリオ講座と、今回は声の出し方読み方の講座もやったのですが、そのことは次回気が向いたら。

★なにしろ、2004年は頃は毎日のようにブログを更新していたのですが、この頃は下手をすると春夏秋冬に1本ずつ計4本というていたらく。

★何イー、四季はなくなって、日本は二季になったのしらんか?知っとるわい!

★シェガナベィビー! また気が向いたら逢おう。



theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

嵐を超えて51年前までの話

嵐の後の瀬戸大橋

★写真は今年10月17日穏やかな瀬戸大橋です。

★さて、この話はは先の「風に吹かれて山頭火」の公演の前の話です。

★{風に吹かれて山頭火}の稽古を今年の8月22日に見に行った時の事です。

★帰りはちょっとした嵐に会い、5時間以上かかって、松山からバスで高松。高松から岡山、岡山~新幹線で新大阪に着いたのですが、呼び寄せたはずの家内の携帯と連絡が取れず、これまた大騒動(個々の下りはボケ話なので省きます。)やっとの事大阪着。

★久しぶりの夫婦での旅行なので、飯でもと思いましたが、すでにレストラン等は締まる時間。仕方なくコンビニで弁当2つ買ってホテルで食べる始末でした。

★翌日、大阪での目的であるM君宅へ雨の中、娘さんに最寄りの駅迄迎えに来てもらい、たどり着きました。

★M君は病気療養中でしたが、ベッドに横たわったままですが、元気そうでした。

★実はM君とは51年前さる俳優養成所で出会い、一緒に最初の劇団「八騎人(ハッキジン)」という演劇集団を結成した時の仲間でした。

★養成所の入所規定は25才迄という事でしたが、互い29歳で、年をごまかした私と森君はすぐバレてしまった仲で、一時我が家に身を寄せていたのでした。

★偉そうに我が家と言っても、阿佐ヶ谷の四畳半のアパート。

★ここに駆け落ちしてきた家内と、もう一人の学生時代の演劇の後輩のO君、そしてM君の4人での生活です。

★耳元で小型冷蔵庫の、モーターのサ―モスタットがうなったり切れたり、小さな本棚に本だけは少しあったと思います。
小さな水道と流しはあったけれど、トイレは外の廊下です。

★演出と役者の経験はあるものの、まだ芝居とかテレビ・ラジオの脚本を書くなどは、考えたこともない頃です。

★早稲田の学生演劇では、大隈講堂で4回も演出をして、その後劇団を起こしたしたものの、(青の劇場)またアングラの発生前で1回でつぶれ、失意のうちの7年の間の後でしたです。

★「神田川」の曲がかかると、身に染みるそのままの生活でした。ただ違ったのは、目の前の路地の向こう側が銭湯だったので、外で待って凍えることがなかったのと、新婚にも関わらず4畳半に居候が2人いたという、今から思えば想像を絶する生活ですが、それこそがちょっと遅れた青春でした。

★ですから、M君との出会いは小生にしてみれば、ある意味演劇との出会い第2章のようなものでした。

★そしてM君も小生も、今では齢80歳。

★そのM君と看護師でもある娘さんと語らっていると、彼も元気そうで、頭もしっかりしていて、話も次々とはずみ、本当に楽しいひと時でした。

★それでも後で娘さんから聞くと、何度目かの入院を、我々の到着を待って、延ばしてくれていたとの事でした。

★なごりおしい時間は瞬く間にすぎ、土砂降りの雨の中を、駅迄娘さんに送っていただき、われわわれは電車に乗り、新幹線に乗り継ぎ帰ってきました。

★そしてほぼ17日後、娘さんのメールでM君の逝去を知ることになる我々でした。

★あの訪問が、良かったのか、悪かったのか?

★いいや、私たちは本当に良かったのだと信じています。

★森君、今しばらく待ってくれ、やがて天の上でまた語ろう。

★そして、小生渾身の戯曲を書くのですが、その話は又。

★シェガナ、ベィビーまたいつか気が向いたら。

theme : 記憶の果て
genre : 日記

いきなり秋が朽ちて

山頭火終息の一草庵
★写真は10月15日に行われた「風に吹かれて山頭火」公演、四国松山の一草庵の会場です。

★写真ではまだ開演の30分以上前なので、あまり雰囲気が出ていませんが、後方の柿の木と左の上の空に月が出て、あたりが暗くなった中で中央の平台の上を中心に、浅間道春さん主演の、拙作「風に吹かれて山頭火」の公演がたった一回限りで行われました。

★自分でかかわったから言うのではないけれど、暗闇の中にライトがあたり、黒い法衣のようなものをまとった山頭火が現れると、「あゝ、これこそが芝居の原風景だ」と言うような雰囲気になり、胸の辺りがゾゾっとしました。

★客席は80席くらい。ボブ・ディランが出てきたり、エ.ル..ビス・プレスリーの歌が流れたりと例によってわけのわからない小生の世界を浅間さんは自分のものにして、山頭火を演じ切っていました。

★彼にとっては30何年ぶりの舞台だそうですが、そんな心配は文字通りどこ吹く風、役者はやはりうまい下手という事もさることながら、その人の人生における経験値と言うか存在感そのものが、いかに大切かという事を目の当たりにしたのであります。

★山頭火のファンの方からは「こんなんじゃない」とか「よくわからん」との思いも沢山あったかと思いますが、東京から駆けつけてくれた人達十数人、(これは浅間さんの人徳でもあります)も含めて、大変な拍手の内に約1時間弱の芝居は終わりました。

★地元の方々やプロデュースをしてくれた大平さん兵頭さんをはじめとした「公益財団法人松山市シルバー人材センター」の皆さん「。NPO法人まつやま山頭火倶楽部」の皆さんの温かい支援のおかげで、何とか上演がかないました。本当に感謝の気持ちがいっぱいです。

★ただ、芝居の一過せいの宿命とはいえ、たった1回で終わってしまうのは誠に残念と思えて仕方がありません。

★東京の心と金のあるプロデューサー誰か、仕掛けてくれませんかね、この芝居。

★もう少し小生若ければとか、「劇団ギルド」が解散していなければと思うのは念の残るばかりの事です。

★さて、もう一泊松山で過ごして、翌々日は運悪く大嵐、松山からバスで高松へ出て、高松の駅で、5時間程たちんぼて待たされて、思わず上の写真にあるような「折り畳みパイプイス」とかせめて、整理券を渡すとかの災害における駅の知恵と備えがない事に驚いて「、東京の小劇場の入場者への配慮を学んだら・・・・・・」と言い・・・・・・

★勿論そんなことはいいませんが、駅員に別の言い方のクレームをつけてしまいました。

★だって「復旧の見通しは立ちません」、「4時間遅れる」などと言いながら、時間前にいきなり改札口を開けて、ホームに人をなだれ込ませたり、災害に対する対応がまるでできていないのには驚きました。

★愛媛松山の人のやさしさに振れたばかりなのに、高松!!頑張れよ。鉄道が本当に大切なのは災害の時の対応なんだよ。と言いたくなったのです。でも、駅員さんは本当に頑張っていましたけれどね。

★これが今年一月前の話です。

★実は今年の夏も松山に稽古を見に行ったのですが、その後寄った京都で小生にとっては本当に大切な時が訪れたのですが、長くなるので、その話は又。

★それにしても今年の秋は何処へ吹き飛んでいってしまったのか?

★劇団四季は嫌いだけれど、夏もしくは冬の二季はたまらんぜ。

★シェガナベィビー! また気が向いたら。

theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

今日の公演「風に吹かれて山頭火」

山頭火チラシOK
本日公演のお芝居です。場所は愛媛県松山市の山頭火ゆかりの一草庵で、10月15日(日)で17時30分開場・18時開演です。
お近くの方は是非いらしてください。満席に近いと思いますが、私も戯作者として観に行きます。
一人芝居ですが、私としては4年越しの会心の作であります。
一人芝居は初めてという浅間道春さんの渾身の演技をどうぞ御堪能ください。

シェガナベィビー。また気が向いたら。

theme : みんなに知ってもらいたい
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード