fc2ブログ

感覚が鈍くなり……

大国魂神社拝殿

★写真は大国魂神社拝殿。

★さて、本日午後、下の自転車置き場から自転車で出掛けようとして、小銭入れから鍵を出し、自転車の鍵を開け、自転車を出したら、自転車を降りて曳いて来る男の人があったので、目の前で軽く会釈して「こんにちわ」と言う。

★が、こっちの顔をしっかりと見たのにその男は、何も言わずに狭い処をすれ違った。

★時々こういう人が居る。自意識の強い中高生ならともかく、立派な30過ぎの大人である。おばさんでもこういう人はたまに居る。

★同じビルのマンションに住んでいて、狭いエレベーターホールや自転車置き場ですれ違って、別に考え事をしている風でもなく、こちらの顔をしっかりと見て、無視するのである。

★こういう人の神経は本当に分からない。

★あいさつされる事がそんなに嫌なのか?それとも挨拶は勝手にされてもしたくないのだから迷惑なのだろうか?

★「あんた、もの言えないの?言いたくないの?だったら会釈するか薄くほほえむことぐらいしたらどうなんだ!」
って言ってしまえば角が立ち喧嘩になってしまうかもしれない。

★だからあえて、黙ってすれ違うのだけれど、こっちは大分とまどう。

★そのせいかどうか知らないが、鍵と小銭の入った小銭入れをその自転車置き場にするっと落としてしまった。

★駅前に自転車を預け、銀行に寄り、駅の売店で新聞を買い、駅へ入ってからポットに小銭入れが無い事に気づいた。

★小銭はとにかく、鍵が面倒だ。あわてて、売店、銀行、自転車置き場と戻るがどこにもない。

★家に携帯で☎して、家人に自転車置き場を見てもらう。

★程なく電話が返って来て、無事小銭入れは出て来た。

★やはり、自宅の下の自転車置き場に落ちていたという。

★小生の持っている小銭入れは特殊な奴で、チャックが2つついている。以前は五百円玉や百円玉それに5円1円をわけていたが、今は片方に小銭、片方に鍵を入れている。

★これはハンズで特注していて、中々手に入らないので、新しい奴をもう一つ余計に買い置きしてあると言うこだわりの一品でもあり、ともかくホッとした。

★ただ、なさけないのは、自転車の鍵を開け、小銭入れに鍵を戻し、小銭入れのチャックを閉じて、左のズボンのポケットへ入れたはずの小銭入れが、スット下のコンクリートにそのまま落ちたのに気づかなかった事である。

★ほとんど感覚に頼りで生きて来た者にとっては、感覚の鈍りは大変な問題である。

★例えば口の周りの感覚がにぶくなり、物を食べている時、平気で口のまわりに食べカスがついていて、よく家人に注意される。

★情けないことだよ、ベイビー!

★老いるとは正にこういう事だ。

★まあ、ぼけない事を良しとしなければならないのか。

★それともこういうことがそもそもボケの始まりなのか……

★本日も北千住へ行き脚本講座の準備受付等、ボランティア。

★帰りつくと0時になっていた。
スポンサーサイト



theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード