fc2ブログ

祭りの後の寂しさよ……

スケベガウル1

★写真はスケベガウルの舞台写真です。

★さて、祭りは突然のように終わり、その果てに風邪気味の熱だけを体内に残して、急角度で気分は鬱の方向へ降下し始めている。

★夕方、薬を買いに駅の近くまで、買いに出掛け、ラーメンを食べ置きっぱなしの自転車を引き取って、帰ってきて、腹ぺこのタイヤに空気を入れて一日が終わりました。

★夜舞台監督の今井がお借りした音響の道具を車で取りに来て、返しに行った他は、何事もなく、風邪薬と疲れのせいで、カウチに寝ころびウトウトしていると、まるで寝たきり老人のようで、寝たきりはともかく老人は老人に違いなく……

★何やらさびさびとした気持ちになってきます。

★本当は来週あたりから稽古がまた始まるようなそういう生活をしたいのですが、それもままならず。

★祭りの跡の寂しさだけがひたひたと押し寄せてきます。

★ベイビー!ほんとうに寂しいぜ。
スポンサーサイト



theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード