fc2ブログ

キャスティング決定

二人の糸2

★写真は「二人の糸」稽古風景であります。

★さて、本日はBUS2のキャスティングの発表です。

★まず、それぞれがやりたい役を順番に読んでもらいました。

★こちらで、あらかじめ考えていたキャストとこの自発的役の朗読で若干変更はありましたが、まあ考えた通りの
キャスティング発表になりました。

★どうしても、演出としては相手役とのバランス等も考えるし、この役者にこの役をやらしてみたら冒険だけどどう展開していくかとか、今回はこういう面で勝負してほしいとか、いろいろ考えてのキャスティングになります。

★発表後明らかに自分の希望した役と違っていたり、相手役に対しての不満とか、そういった事を露骨に態度に現す役者が居ますが、それは本来のマナーではありません。

★キャスティングだけは思うように行かないのが役者の常です。

★どうしても自分の希望した役だけをやりたいのであれば、あらかじめ自分でプロデュースして、演出やスタッフを頼んで、公演を成立させるしかないのです。

★台本にはキャスティングは鉛筆で書きます。鉛筆で書くと言う事は消しゴムで消せるという事です。

★少なくとも演出にとっては本番ギリギリまで仮という思いがどこかあるのです。

★勿論鉛筆で書いたから言って、役者を信頼していないというわけではありません。

★本気だし、本気で稽古をしていくという事だよベイビー!

★いずれにしろ、役者もそうだと思いますが、演出は実にナーバスになるキャスティングの日であります。
スポンサーサイト



theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード