FC2ブログ

立川―参宮橋

対談

★写真は、スミセイ子育てフォーラムでの、我が放送作家協会の市川森一理事長と映画「おくりびと」の原作者青木新門さんの対談です。

★立川の市民ホールで午後スミセイ子育てフォーラムの催しがあり、小生は本日VTRの担当となり、
朗読劇・対談・子守歌等の催しをビデオに収録する。

★1000人程のホールは満員で、時折あちこちで泣く赤ちゃんの声の中で、それなりに感動的な催しであった。

★しかし、ビデオ撮影はゲルプロにも付き合っていないし、ほとんどいきなりなので、中々大変であるし、疲れる。

★あらかじめ他の若い者にふったのだが、今回は芸術の秋という事でもなかろうが、やり手が見つからず、自ら撮ることとなる。

★打ち上げにほんの30分顔を出して、立川からひたすら快速の中央線に乗る。

★が、架線の不具合とかで、この快速遅、れに遅れる。「誠に申し訳ありません。ここで快速という言葉を取り消さしていただきます」とか言えよ全く。

★というわけで、稽古に遅れて到着。

★本日は新しい人、珍しく、男3人が稽古見学に来る。

★互いにじっくり自己紹介。

★歩きと読み稽古をやり、稽古の後軽く飲む。

★土曜日の終電は若者たちでごった返していて、西武新宿から珍しく、各駅停車で立ちっぱなしで帰ってくる。

★いささか、疲れる。

★だって6クン6-るなんだもんなベイビー!

★昼から、三脚とカメラとビデオともって、立川くんだりから新宿への往復みたいな距離、歩きもだいぶあって、鞄の重い事重い事……

★今週もまたぎりぎり、よく働いた1週間でした。

★働ける事に感謝!
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード