FC2ブログ

シナリオ・朗読講座

エチュード2

★写真は劇団のエチュードです。

★本日はシナリオ教育の実際を、アーカイブズの委員と取材に行きました。

★子供たちが遊び場を奪われ、こと゛も同士で本来行うべき遊びをやれなくなって……

★個性を伸ばすという名の元に実は個性を殺して、画一的にならざるを得ない、教育現場の事情や、忙しすぎる先生、やかましすぎる親の実情を聞いた。

★聞けば聞くほど絶望的な子供達の情況に心は痛む。

★一体何がしてやれるのか?

★何事も堅実な一歩からしか、始まらないのだという事改めて思う。

★さて、小平の市民講座「創作・朗読講座」は台本の3分の2が完成。

★その部分の読みをやる。

★発声訓練をやっていたせいか、比較的声も出ているし、初めてとは思えぬほど皆うまい。

★12月の2週には発表なので、ちょっと時間が足りないという感じ。

★ま、例によって、ぎりぎり頑張るしかない。

★現場力発揮するしかないな、ベイビー!

★これだよ、いつだって。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード