FC2ブログ

このまま秋へ……

十二双川舞台写真H

★写真は、十二双川物語の舞台。

★夏は中々いつものような強い夏(猛暑)にはならず、温度も30度そこそこで、今日は風が気持ちよく吹いている。

★このまま、どうやら秋へ進んで行くらしい。

★近くの梨園へ家人と行き、梨の発送を頼んでくる。そこのおかみさんと色々話す、。今年は梨はまあまあで、息子がフジTV出技術関係の仕事をしていて、もう50歳は過ぎていて、管理職をやっているとの事だ。

★その前に自転車に空気を入れ、油をさした。その後自転車の鍵を無くしてしまう。わりあい最近変えたばかりの鍵なので、ずいぶんへこむ。いつも小銭入れに入れるはずが入れなかったのか?

★あるいは、小銭入れに入れようとして、落したのか分からない。

★こういうなんでもないことで近頃ものすごく落ちこむのだ。

★原因が分からず、何かを無くしてしまったことが、いやなのだ。

★時々、やった事ややろうとした事を忘れてしまう。そのたびにボケが始まったかと、心配になるが、そういう、記憶の欠落より、原因が分からず、物を無くしたりすると、自分にもその事にも腹が立ち、やがて落ち込む。

★大したことではないのに、困ったことだ。

★夕方ダイエーへ買い物に。水をボトルに汲むのに失敗して、「一度失敗すると、同じ日にはもうくめないんですよ」と主婦に教えられ、また落ち込む。

★まあ、気分を変えてと家人が言って、クレープを食べる。焼き立てと書いてあるのに、クレープの皮はさめて、ベターっとしている。がっかりだ。

★帰ってきて、冷やしておいた梨を食べると、これが甘くおいしい。

★やはり、クレープ等と言う歴史の浅いものを信用して食うべきではないと、年寄りのような考えに落ちる。

★小生のイメージする本格的な夏はこないまま、秋が近付いている。

★そうじゃないか、ベイビー!
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード