FC2ブログ

まだまだ脆弱な夏。

サルスベリの花

★写真は百日紅(さるすべり)の花。

★まだ、脆弱な、成人しきれないような夏です。

★夏とはもっと、カッと日差しが激しくさし、炎天下で動けば汗が噴き出すようなのが本当の成熟した夏なのです。

★それにしても、われわれの時代は日射病と言っていたものが、いつのまにか熱中症と言いかえられたのか、それとも両者は全然違うものなのか?分からない。

★一頃登校拒否という児童の側からの意志を含んだ言葉が゜、不登校という学校や管理の側からの言葉にすり替えられたのと、同じような不快な気持がする。

★言葉の言い換えには腹が立つ事が多い。

★さて、午後、事務所に行き、劇団員と2時間ほど話し、その後朗読劇の音楽の選曲と、ダビングを行い、帰りついたら0時に近かった。

★ほんとうは、伊豆の民宿に1月行ったきりのMさんに呼ばれていて、せめて3日続けて開けば泳ぎに行きたいのだが、ポツポツと用事が入り、思うに任せない。

★夏ももう少ししゃきっとしてくれないと困る。

★暑くなくてよいとは思わない。

★季節にメリハリがはっきりあること、そのことが、独特の日本の文化を育んできたのだ。

★メリハリなければだめだぜベイビー!
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード