FC2ブログ

一日家の中

十二双川舞台写真D

★写真は十二双川物語の舞台写真です。

★FC2というところを借りてこのブログを書いているのだが、接続がうまくいかず、あきらめて、風呂に入ってきたら、やっととつながった。

★特に書くべきこともなく、一日家にいて、近くのコンビニへ夕刊紙を買いに出ただけ。

★戯曲の審査は6本程読む。40本あるので、時間のある時に少しずつ読んでいかないと、締切まぎわに大変なことになる。

★いずれも枚数だけは、大作で3幕2場とか分量があったりして、それを読んでいくのは大変な根気と集中力がいる。

★だが、これが使命なら、真剣にやるしかない。

★雨は各地で猛烈な災害を起こしているが、東京は昨夜が第一の山だったのか、昼間はほとんど降らずに暮れた。

★予報より遅れて、明日の午後関東に接近という。

★大抵は、予報より早めに台風は通過するが、こればっかりはわからない。

★明日は午後、出掛けなければならないのでちょっと気がもめる。

★それにしても、今年の天候不順は例年になくむちゃくちゃだ。

★簡単にエルニィーニョとかで片付けずに、何がどうなっているからこうなんだと言いなさい。

★気象庁も気象予報士もプロなんだろう?

★以前脚本の出来が悪いと師匠に怒られ、「野球選手だって、3割以上打てば上出来でしょ」と弁解したら即座に「馬鹿野郎、作家は10割じゃなきゃだめなんだ」と師匠に切り返された。

★以来心して、脚本は10割ヒットを打つように頑張っている。

★それができるかどうかは別にして。(これは他人の評価によるから)

★10割とは言わないが、気象予報士さんよ、5割は目指そうよ。

★中学の頃気象班に入っていて、空の雲の名前を書いたり、井戸の水温を測ったり土の温度をはかったりして、グラフに付けた時があるので、小生は気象予報士には厳しいのだよベイビー!
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード