FC2ブログ

東京マラソンの夢崩れ

温度計B
★写真は公園の温度計です。真冬の2月中旬のある夕方です。

★知り合いのA君(Aというのはあくまでも仮称のA)は、ちよっと変わっています。東京から横浜、千葉あたりのどの鉄道のどの駅にホームドアがあるか?どの駅には何両編成のどんな電車が止まるか知り尽くしています。

★ただ社会性という名の下に、普通じゃないと特別な扱いを受けています。

★でも、彼は本当に気が利くし、だれよりも優しいいい子です。

★そのA君が今年やっと東京マラソンの抽選にあたり、楽しみに練習していました。

★おとうさんも、A君の伴走のために、太った躯を一生懸命絞って、練習していました。

★A君にとっては唯一無二の夢でした。「僕は東京マラソンで走るんだ!」

★そのA君の夢はあのにくらしいコロナウイルスのお陰で、来年に持ち越しになってしまいました。

★人は夢を見ろなんて簡単に言うけど、みたくても夢は見れない人もいるのです。

★天災というより人災に近い今回の中止。

★来年へ夢のもちこしはいいけれど、せめてお金返してやれよ。半分でもいいからさ。

★だって、A君たちは一生懸命切り詰めて、夢のために喜んで納めたお金なんだ。

★A君もお父さんもお金持ちじゃない。言葉でいえば貧乏なんだ。

★そのお金パラリンピック・オリンピックに回すのかい?

★それとも東京都の失政の補填にするのかい?

★A君と家族の本当に唯一無二(こういう風にこの言葉は使いたい)の夢を、壊すのはやめてくれ!小池さんわかるだろう?


★東京マラソン好きじゃなかったけど、今年こそA君のために応援しようとおもっていたのに。

★だってA君…これ以上言えない。

★本日これまで、お休みベィビーまた気が向いたら。


スポンサーサイト



theme : ひとりごと
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード