FC2ブログ

壱岐未来座の芝居

未来座芝居

☆写真は壱岐の島の未来座の舞台での稽古の様子です。

☆これは先月8月23日に壱岐へ行った際の稽古の写真です。

☆福田 敏さんの「月讀みとココヤシの唄」と言う原作を、小生が潤色した「ココヤシの唄」の公演が本日壱岐の一支国博物館で無事上演されました。

☆実は当初の予報では、九州北部への台風の上陸が4日朝となっていた為、上演を心配していましたが、台風の速度が大変遅かったことが幸いして(もっともそのことで被害が甚大になられた地方は大変ですが)色々な行事が台風で中止なったこともあって、満員で立ち見が出たとのご報告を頂きました。

☆これは作者にとっては大変うれしい便りでした。

☆諫早図書館での講座の後、8月22・23日と島にお邪魔して、主にミザンセーヌ(舞台での位置取り)と、出来る限りのアドバイスをさせていただき、本当に幸せな一時でした。

☆大盛況に終わったことは本当にうれしい限りです。

☆未来座の皆さんは本当にまじめに芝居に取り組んでいて、果たしてそうした全ての熱意に、どれだけ答えられているのかと心配していましたが、ホット胸をなでおろしたところです。

☆この処筆不精が加速してブログが停滞していますが、この夏の6泊7日の旅については徐々にご報告していきたいと思っています。
ポーチュラカ

☆写真は我が家のベランダに咲いているポーチュラガです。太陽の光が大好きな花という事です。

☆どうか、これ以上台風よ、暴れないでおくれ!

☆本日これまで。お休みベィビー!また明日。
スポンサーサイト



theme : 日記というか、雑記というか…
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード