FC2ブログ

節分を超えて

四ツ谷の橋の上から

★写真は四谷の橋の上から新宿方向を臨む。

★さて、本日は午後、放送作家協会の理事会が市ヶ谷でありました。

★そして本日は待ちかねた節分。というのは、随分と前から気になっている、いわゆる占いのようなものがあって、今日までの2年間がたまたま小生も家人も12年に一度の最悪の2年間だったのです。

★まあ、こう言う物は信じるも信じないも勝手で、現に家人は全く信じていないのですが、小生は微妙に気になるタイプの人間なのです。

★その所為かどうかは分かりませんが、去年の4月にはアビが亡くなり、9月には小生が九死に一生といった有様で、まあ生きかえったことはついていたとも、運が良かったとも考えられるのですが、なんとなく昔で言う、天中殺に似た2年間だったような気がしていたのです。

★またこの運勢の見方が1月からではなく、立春から一年が始まるというような考えが基本なので、とりあえず、節分を越して年が改まり、その悪運の2年を脱したことにホッとしました。

★70を超すと厄年もなく、厄年と言えばどの年も厄年のようなので、たとえ当たらぬも八卦といっても、不運の2年を通過したという事は喪が開けたようでほっとしたわけです。

★まあ、そういった意味を込めて、夜遅くになりましたが、豆まきをして、各部屋、ベランダから玄関、玄関から階段迄豆をまき「鬼は外、福は内!」と叫びました。流石に深夜なので、外へはウィスパーで言いましたが。

★まあ、いずれにせよ気分を一新して、立春の明日からせめて充実した豊かな年を送っていこうと思います。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。
スポンサーサイト



theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード