タイからの土産話

60H35.jpg

★写真は’60~18ロクレイ・イチハチ―1960年君は18歳だったーの舞台です。

★さて、本日は夜、戦友であり、照明家の明日(みょうが)さんと鷺ノ宮で会って、正月からフィリピンとタイを約1か月旅行してきた土産話を聞いた。

★ここ20年明日さんは冬になると、逃れるように日本を後にして、往復の格安旅行券を買って、後はきわめて安い宿のチケットを大体買っておいて、現地で宿を探し、ヒッチハイクのようなバックパッカーの旅をやりだすのである。

★バックパッカーだと言うと、「俺はバックなんか背負っていかない」といい、そうかといって、1か月チケットを入れて20万円の旅はツーリストともいえないような感じがする。

★73歳のこのような旅は何と呼べばいいのか?フィリピンのマニラからルソン島までと、タイのバンコクの近くにも行ったという。

★タイには小生の甥っ子が4年程住んでいるので、そこで2晩会って、飲んできたらしい。甥っ子も色々と東南アジアを旅はしているのだけれど、明日さんにはかなわないらしい。

★それにしても、観光地を回るでもなく、ただ風光明媚な安い宿を取って、昼過ぎから、ホテルに籠って夜まで飲んでいるような旅らしい。移動はもっぱら現地のバスだという。

★まるでやっていることは20前後の若い学生のヒツチハイカーかバックパツカーのようで、言葉はどうしてるのか?と聞くと、「言葉は話せなくても別に通じる。荷物を持ってホテルへ行けば、誰だって泊まりたいんだな」と通じるんだよと言う有様である。

★何も見ないで、ただ宿で飲んでいるなら、日本の旅でもいいじゃないかと言うと、「いいや、日本じゃあ、こんなきれいな海の傍で一泊2500円とか3000円では泊まれない」と携帯で撮った写真を見せてのたまう。

★夏になると伊豆の民宿に1と月程行き、冬は気ままな東南アジアの旅である。よっぽど金があるのかと思うと、都営アパートで極貧に近い生活をしている。勿論年に一度は京劇の照明の仕事をするけど、大体は我々のような小劇団の照明だから、金が入りようがない。

★全く同年代としては羨ましい限りの幸せな人だ。大酒のみで、こっちはとっくにやめたのに、たばこは未だに両切りのピースを吸っている。膝の半月板がいかれて、階段は苦手というくせに、一か月の放浪で、腰痛も以前タイで骨折した足の痛みも治った等と言う。

★本当に分からない人だ。そんな人と後5年芝居をやろう等とバカな話をしていると、なんだかやれそうな気がしてくるので不思議だ。後5年と言っても、多分に金にならない芝居だ。金にならないというよりは金を持ち出す芝居である。

★この合わせて145歳の能天気な爺たちをなんとかしてくれー!

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。



スポンサーサイト

theme : 非常識な出来事
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード