FC2ブログ

改めて稽古再開

岸辺のチェリーセイジ

★写真は岸辺に咲くチェリー・セイジです。

★さて、ぎりぎりまで、脚本を書いて、本日は稽古再開の日です。

★夕方、心配なので、演出助手の長谷川に参宮橋の駅まで来てもらい、印刷した台本の詰まったリュックを背負ってもらい、稽古場へ行きました。

★出演者の皆も心配していてくれたみたいで、稽古が再開できて、本当にありがたい限り、俺しい限りです。

★再びこうした稽古場いることが出来るという喜びをかみしめました。

★スケジュールがタイトになったので、その分役者の人にも緊張や頑張りを強いることになる事を、お詫びしてのスタートでした。

★皆さん真面目に真剣に、読み合わせに臨んでくれました。

★後は小生の体力の問題と、遅れている脚本の仕上がりのみの問題です。

★かなりの部分進みましたが、なお、何日かかかる模様で、頑張ります。

★終わって、本日は何処にもよらず、早めに帰りました。

★駅に降りて、中天を仰ぐと、本日はスーパームーンとかで、雲の切れ目から大きな月が見えました。

★自転車で帰る頬や躯を、秋の風がかなり強く通り過ぎます。

★生きている事は素晴らしいものだと思いました。

★こうして、また仲間と芝居が出来る。虫の音と共に秋の気配を胸いっぱいに吸う事が出来る。

★本当に幸せです。この幸せを原動力に、本当に皆さんの心に沁みる芝居を造っていきたいと思いました。

★昨日はあまり眠れなかったので、本日は早めに風呂に入って寝ます。といっても、もう3時。とんでもない時間です。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。


スポンサーサイト



theme : 今日の出来事
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード