いつもの床屋何時ものラーメン

義経軍団2

★写真は「蛍よ・・・妖しの海を翔べ」の義経軍団の稽古風景です。

★さて、本日は少し暖かくなったので、伸びた髪を切りに近所の床屋へ。

★相変わらずの床屋談義を聞きながらの一時。

★床屋のマスターは消防団にも勤めていて、この3月で消防の分団長を止めるとかで、なんとか火事なく終わりたいとの祈りに似た思いを聞く。

★むべなるかな。防災とかの職務も夜中に叩き起こされ大変である。

★先日、吾がマンションの別の棟でガス爆発があったが、カセットボンベの爆発に因る事故で、多少窓ガラスが吹き飛んだのだけれど、ガス自殺をして、管理の方がそのことを隠しているという不穏な噂が流れた。

★聞いてみると、確かにガラス窓は割れたが、たいした事故ではなかったとの事。それが、ごく近所なのに何処からか大げさな嘘の噂になり、広まっていた。

★全くこうした根も葉もない噂の広がりには恐ろしいものがある。

★ある意味、TVを初めとするメディアに流れる噂も怖いものである。

★よほど、メディアに対する自分の目、メディア デイテラシイーをきちっとしていかなければならないと痛感する。

★床屋でさっぱりしてから、極上のラーメン屋へラーメンを食べに。

★ただここはうまいのだけれど、値段が上がってしまい、たしかに来る回数が減ってしまった。

★ひさしぶりに堪能。

★帰り来て、CDからウォークマンに録音。エルビス・プレスリー・浅川マキ・森田童子・ナットキングコール等吾ながら随分と偏屈な選曲と思うが・・・・

★これにカルロス・ディサルリのスペインタンゴやテレサ・テンのアルバムとジェリーマリガンのアルトサックスの曲・ベートーベンのラズモフスキーでも入れれば完璧だが、そこまでは行かない。

★本日これまで。お休みベィビー、また明日。
スポンサーサイト

theme : なんとなく書きたいこと。。
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード