FC2ブログ

今年の稽古納め

蛍稽古1

★写真は「蛍よ・・・・妖しの海を翔べ」の稽古風景です。

★さて、今年の稽古はとりあえず本日で終わりです。

★若干の代役を除いて今まで稽古したところの通し稽古をやってみました。

★役が入れ替わったとこはおいても演出としては悩み多い、ちょっと心配な暮れから正月のような通しになってしまいました。

★確かに多少稽古したところと、ほとんど流したところの差がいかんともしがたいくらいに出ていて、芝居としてはまだ形が出来上がっていないという次第であります。

★ただセリフが入っているだけの処。セリフが入っていても間違いだらけに覚えているところ。稽古が少ないためにスカスカになっている処など役者はどう思ったか知らないけれど、演出的にはちょっと眠れなくなるような出来でした。

★配役だけでなく、1月からは稽古のやり方も考えていかねばならないように思います。

★まあ、稽古とはいつも絶望的な時が大波のようにやってきて、それを乗り切った先に凪いだ素晴らしいコバルトブルーの海が顔を出すので、今は仕方のないことと、心をいったん停止しました。

★終わってささやかに軽く忘年会。

忘年会A

★何しろ年末金曜日の新宿、しかも安く上げようとの魂胆で、テーブルは仕方なく2つに別れてしまいました。

忘年会B

★これでも5人程欠席という大所帯であります。

★若い者は零下になろうという寒空の下、エネルギーを持て余して、2次会に行ったようです。

★飲むのは構わないが、その熱を稽古場で出しきってほしいと望むのは、いつも年寄り演出家のねがいでもありますが、その思いが届くのか届かないのか?

★まあ、裏切られても裏切られても、なにがしかの個人稽古をしてくれて、来年の稽古始にテンションの上がっていることをひたすら信じるしかない年の瀬であります。

★明日は芝居のご案内のチラシや挨拶状を詰め込んで送るという大仕事が待っていますが、どうなる事やら…

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。
スポンサーサイト



theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード