FC2ブログ

壱岐から関西へ

DSC_0225600.jpg

★写真は壱岐の海

★さてHさんのお宅に泊めていただいて、まるで我が家のようにぐっすり眠りました。

★美味しい朝ごはんをいただいて後。

★車でご友人のお寺へ案内していただきました。

★西善寺というお寺で、平安時代にタイムスリップしたような、美しく掃き清められたお庭があり、そこでお茶を点てていただきました。

★ご住職ご夫婦も素晴らしい方達で、Hさんご夫婦と5人で至福の時間を過ごさせていただきました。

★その後何箇所か島の中を車でHさんご夫婦に案内していただき、最後に、2年前壱岐で演劇を上演した時お世話になった平山旅館の女将にご挨拶をして、芦辺港からジェットホイールで博多へ渡りました。

★壱岐は本当に素晴らしいところで、緑が島中にしたたり、海はあくまでも青く、清く、とにかくこの上は家人を説得して、アビと3人で壱岐へ渡ろうかとひそかに企てた小生でした。

★壱岐の皆様本当にありがとうございました。

★本日は博多から新幹線で関西へ・・・

★旅先なので短く、お休みベイビーまたあした。
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード