電車の事故

西武新宿線の電車

★写真は西武新宿線の電車です。

★さて、本日もうだるような暑さで東京35度を超えたとか。

★夕方新宿で、ある仕事の打ち合わせがあり、その前にちょっと寄るところがあって30分早めに電車に乗る。

★ところが急行が小平で止まってしまう。「5時56分頃下落合駅付近の電車で車両点検とのことで、この電車しばらく止まります」

★これがなかなか走り出さない。冷房が効かないのでドアを3っつ閉めたりして、だいぶ待たされ一駅花小金井まで動き、
ここで停車。

★しばらくして「警察官が下落合に止まっている電車に乗り込んで検査をしているとの事でしばらくおまちください」と言う。

★おい、おい、爆弾騒ぎかよ。

★だか゛詳しいことは一切わからず、30分ほど待たされてゆっくりと走り出す。

★30分前の電車に乗ったので、西武新宿に電車が着いたのは約束の丁度19時。あわてて、相手のZさんに電話を入れて事情を説明し、待ち合わせの新宿駅西口で待ってもらう。

★スマホに西武線の事故の情報が来たのは30分遅れて西武新宿へ着いたその時だった。全くうるさいだけで、スマホの情報も役立たない。

★結局Zさんを10数分待たせてしまった。

★とにかくこういう時は何度も書いたけれど、状況を詳しく乗客に教えなければ駄目だ。

★車両故障と言っても警官が乗り込んできたからには何らかの事故があったに違いない。小さなニュースであれば新聞にもテレビのニュースにも載らない可能性がある。

★こんな時、なにがどうなって30分遅れたのかという事はハッキリ乗客に具体的に教えるべきだ。そうすれば、乗客も納得ししかたなく遅れを待つだろう。

★なにごとも事情が分からないと、余計な心配や、場合によれば止まったのが線路の駅との途中ならパニックになったりする。

★どうしてこんな簡単な事が交通各社は分からないのだろう。

★小生は独特の勘で30分早く出たので、10数分待たせただけでよかったが、そのままの時間に出ていると40分以上待たせたことになる。

★こういった場合、遅延証明を発行する事だけではなく、細かく状況を逐一乗客に知らせるという事が第一なのに、いまだにそのことが守れない。

★さて、Zさんとは飲みながら2時間ほど打ち合わせをして、別れる。

★帰りの西武新宿線も相変わらずダイアが乱れていて、普段の2倍ほど人が溢れていて、電車は満員だった。
金曜日の給料日なので、多分終電の頃は電車はもっとあふれかえっただろうと思う。

★おい、一度でいいから鉄道会社の社長や会長は満員の電車で西武新宿から東村山位まで、乗ってみろよ。

★乗ってみて経営に役立てようという努力をしないのは鉄道だけである。

★デパートやスーパーなどは必ず予告するにしても視察をしているのに、鉄道は本当に乗客の人数が決まっているので、殿様商売だ。あきれる。

★そんなイライラの灼熱の1日でした。

★お休みベイビー!また明日。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード