稽古始まる

雲の如き桜2

★写真はもうすっかり葉桜になってしまったけれど、もう一度思い出して満開の桜です。

★さて、本日は6月公演「吾が魂の八犬伝」の稽古に入りました。

★稽古といっても、キャスティングを決める為の稽古でいわばキャスティングの為のオーディション稽古です。

★まだ男4人女3人程の出演者が決まらず(あちこちに声をかけてはいるのですが返事待ちもあり)現在決まっている者の中でキャストを決めてしまおうという事です。

★演出としては相手役のバランスという事があるので、例えばカップルとしての芝居が多かったり、男女又は女と女あるいは男と男でも組み合わせを考えると、片方だけは決めたくないのですが。

★本が出来上がって役がある以上、役者は早く自分の役を決めてもらい、そこから自分の役の探求や稽古に早く入りたいものです。

★演出としては、決めたキャスティングを途中で動かしたくないこともあり、それに芝居におけるキャスティングのしめる割合はきわめて高いので、出来るだけ粘りたいものであります。

★ここに演出と役者の相克的状況が現れてきます。

★また初見に近い読みでは、実力を発揮できる役者と、初見は駄目だけれど、稽古によってものすごく伸びていく役者と大まかに2種類あるので、その辺もよく見極め、キャスティングしていかなければなりません。

★いずれにしろこの時期はナーバスになるものです。

★そんなこんなの稽古が終わって、帰ればもう夜半。

★これからいよいよ体力の試される時期になります。

★戯曲創作も演出もある意味体力です。しかしこの体力とは古い引出しを開けて使うから、ただ体力がいるという事ではありません。

★想像力を新たに維持し新たに作り出していく体力なので大変です。

★まあ、71歳倒れるまでやるだけです。

★本日これまで。おやすみベイビー!また明日。
スポンサーサイト

theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード