FC2ブログ

表現の自由について

雪の向こうの富士

★写真は雲に囲まれた富士山です。(だいぶ前の写真です。念のため)

★さて、本日は午後、締切の原稿をまとめました。NtVのTVドラマ「明日ママがいない」についてです。

★かなり長いので本文掲載はしませんが、昨今反戦漫画「はだしのゲン」について、一部の投書や請願により東京の一部教育委員会や議会が「過激な表現がある」という事で、子供への閲覧を止めるという事を検討しだしたとか。

★ファミリーマートがたった22人の「動物愛護の観点から不快である」というネットへの投書などによりフォアグラ弁当の販売を取りやめた等と。

★問題は同根で、少数のネット暴力によって、ドラマの変更を余儀なくされたり、民放では生命線であるスポンサーが自主規制によって番組からCMを撤退したりしている。

★表現の自由に関しては戦前戦時中から小林多喜二の例を見るまでもなく、先人の作家・表現者が命がけで戦ってきたことであり、少数の第3者の圧力によってそれが侵されてはならないと思う。

★フィクションには現実を美化した表現もあり、逆に露悪的にテーマを訴える場合もあるのだ。

★「この物語はフィクションであり、実際の現実とは関係ありません」等という表記をドラマの終わりに出すのはおそらく日本だけではないだろうか。

★そういうお断りを入れなければならないほどに、フィクションという表現行為への日本人の意識は低い。

★もちろん物には限度があり、ただの差別的暴力とか、猥褻が目的だけの性表現とかはおのずから、映倫なりBPOなりが多少のチェックはすべきだろう。

★ドキメンタリーですら編集によってある作為の下、限りなくフィクションに近いこともある。

★放送作家を初めとして番組制作に係わるすべての人間が、守らねばならないのは、血みどろになって獲得した表現の自由という事だ。

★メディアの自由なる表現に、きれいごとのネットで抗議の意見は立派な暴力となることを知ってもらいたい。

★でなければ、死を賭して表現の自由と戦った先達は浮かばれない。

★そんな思いから、原稿を書いたのですが、これは放送作家協会会員のメルマガにしか載らないので、本日要約して書きました。

★反論のある方はどうぞ、寄せてください。ただし、匿名ではなく、きちっとメールアドレスを入れた形でお願いします。
★堅いことを載せましたが、本人は相変わらずゆるい日々を過ごしています。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

スポンサーサイト



theme : 文明・文化&思想
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード