FC2ブログ

六本木で一日

ある風景

★写真は、我が家の近くの玄関から見た風景。

★朝は今年初めての雪がまう。昼、六本木にある放送作家協会へ行く。六本木は雨だった。

★本日は、理事会と総会がある。

★ところが、放送作家協会と脚本家連盟の部屋には誰も居ない。

★「はて、面妖な(古いねー表現が)」と訝りつつ、事務所に行くと、なんと、一時間も時間を間違え、小生としては異例の1時間前に到着してしまった事に気づく。

★お陰で、九州支部の香月さんや市川森一理事長と暫し話をする機会を持つことが出来た。

★早起きは3文の得とは言わないか?勘違いは3文(これも古い)の得とでも言うか?

★ともかく、理事会とその後総会。

★終わって夕方、アーカイブズの会議と目一杯六本木といっても、会議室、教室、喫茶店に居ただけの一日が過ぎていく。

★帰り、新宿の本屋とビッグカメラでPCのインク(いつもながら高い)を求め、久々にDVDを買う。

★だが、観る暇あるのか?えっベイビー!

★帰り着くと9時30分。

★こうして、六本木の一日が終わる。

★六本木といっても、六本木ヒルズもミッドタウンも全く関係ない一日なのであります。




スポンサーサイト



theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード