FC2ブログ

前立腺肥大

シギ3

★写真はコサギ。

★さて、本日は泌尿器科の検診である。CTの結果前立腺肥大気味との診断は出ていたが、どの程度なのか、又、下腹部の痛みとは関係があるのかないのか?

★まず、前立腺はかなり肥大している事、クスリをのんで様子を見ると言う診断が下りた。

★だが、痛む臓器の位置としては前立腺とは違うという事、排尿障害があるが、たぶん癌ではなかろうという事。念のため血液で検査をしてみるという事である。

★それも、結果は2週間後でいいとの撮影した写真を診ての老医師の判断なので、たぶん癌はないとおもわれる。

★それから、位置的に行って、痛みと前立腺とは関係がないと言われる。

★さて、困ったのはこちらである。

★ならば、何故痛いのか、何の痛みなのか?

★質問すると「良く分らない事が多いのですよ」と穏やかに笑顔でこたえている。

★こちらは、「そうですね、人間の躯って分らない事多いですよね、ははは・・・・・・・・・」とは、ドラマの会話のようにはいかない。

★だって、痛みは未解決のままなのだから・・・・・

★めんどくさいので、痛くてもたいしたことないから、ほっておくかというわけには、別の医者の言葉ではないが、「年も年なので」いかない。

★昨日の医者は「ストレスでも痛くなることがある」と言っていたが、今日の先生は「さあ、それは・・・・・・・・・」とそれには否定的だった。

★さて、どうしたものか?

★解決策のない難問の宿題を出されてしまったようである。


★明日は足立区の講座てらの朗読と殺陣の発表会。

★朝早いので、今日はとりあえず、早く店じまいして、寝る。

★そんなわけだよ、ベイビー!相変わらず、はっきりしない空模様だ。


スポンサーサイト



theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード