原稿書き、選挙等

立ち稽古8

★写真は稽古の一部です。

★さて、本日は公演を前にしての最後の稽古休み日。しかし、パンフレットの原稿やら何やら山ほどの演出及び公演の責任者としての仕事があります。

★片づけつつ、選挙にも行って、昨日放置した自転車を取りに自転車置き場へ行き、7月の更新料2000円を払ってきました。

★7月は自宅そばの集会所で稽古があり、雨が降れば、1回100円なので、2000円分も預けることはないかとも思われますが、月極めの予約の権利がなくなってもつまらないので、払いました。

★選挙は自民党圧勝のようで、どうしても都民の(しかも選挙に行く人はみかけたところ年寄りが多いのですが)多くは憲法を改悪して、息子たちや娘の婿を戦争に送りたいらしく、何とも悲劇的な結果です。

★せめて、都議選と参院選は違うというのならわかりますが、都民の考えは私にはわかりません。

★それはともかく、富士山がヨネスコの世界遺産登録に当選(?)したことはご同慶の至りです。

★しかも三保の松原(ミホノマツバラ)という外国発音が各国の委員の口から聞かれたことは不思議な気がします。

★以前にも書きましたが、小学校3年の頃昭和26年頃つまり今から62年前、父が横浜に単身赴任していて、母と5人の兄弟が三保の松原の東海大学の寮に居候していたのです。

★シケをついて清水港の銭湯にに船に乗って吐きながら通ったことや、石を投げられては学校帰りにいじめられたことなど、苦しいことばかりの三保の松原での思い出ですが、世界遺産になれて本当によかったと思います。

★そう一つだけ素晴らしい思い出があります。当時グローブを買ってもらえなかったのと、恐ろしく球を取ることが下手で、三保小学校の野球部で、打撃だけはよかったので代打の部員として試合に出たことが懐かしい思い出です。

★その頃どんなに貧しくとも、海の向こうに見えた富士山は雄々しく素晴らしく。雄々しい富士山を見ながら子供心に「戦争さえなければこんなに苦労はしなかったのに」と思ったのを今でも忘れません。

★だから、なにがあろうと憲法を改悪して(第一戦争放棄をうたった憲法を議論することすら私は反対です)軍備を拡張拡大しようという輩には絶対反対です。

★戦争と戦後のあおりを食うのは、どこの国でも子供たちなのですから。

★そんなこんなで、公演のパンフレットの原稿書きや芝居の選曲に負われて、忙しい1日でした。

★そして最後に来てノートパソコンの不具合があり、何やら家人はチェックをかけたまま寝てしまい、もう2時間も過ぎているのに、チェック率18%となっています。

★これって寝てしまっても構わないのか、わかりませーん。

★とにかく、お休みベイビー!また明日。
スポンサーサイト

theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード