FC2ブログ

諫早の夜3

諫早シナリオ講座発表会

★写真は諫早図書館てのシナリオ講座の発表会です。

★さて、バタバタの舞台稽古から、明けて、一日。朝11時過ぎより、とにかく途中きりながら通す。

★昼休憩を取ってから、ギリギリ2時15分まで、通し稽古。本番は2時35分から始める。

★演出・舞台監督・照明・音響・舞台監督助手と一人5役は大変なことだが、素人の方たちの本番力で、無事にしかも、実に見事に休憩を入れて、95分の発表会は終わる。

★このシナリオ講座は、夏から2回のさらだたまこさんのシナリオの書き方講座があり、小生の演出で、
1月31日の舞台稽古・2月1日の本番というしかも、シナリオを書くのも、演じるのも書いた本人という、きわめて、画期的、かつ、強引な図書館主宰の実にすばらしい講座、なのである。

★ラジオドラマの実際の作成を含めて、今回で8年間8回目の講座である。

★そのうち3回を担当している。

★毎回出席のご高齢の方や主婦の方もいて、大変貴重で有意義な公演のような発表会なのだ。

★それだけ、大変な準備と作業と技がいる。

★今回は、徹夜に近い状態で駆けつけてくれた、さらださんに何から何まで助けられて、無事公演を終える。
★夜お疲れ様の食事会を終わって、8時過ぎ、子どもの時間だと思ったらで、さらださんは、締め切りの仕事があり、とにかく3時間ほど眠って、徹夜で覚悟の仕事だという。

★それでは飲むわけにも行かず、明日の朝食を約束して、早々に部屋に帰る。

★思いもかけずに疲労が重くのしかかる。

★メールでの細かい仕事のやりとりをして、ブログを書いて11時。

★さて、寝るか?でもさ、早く寝すぎても、夜型の俺が朝の5時に起きてもしょうがないんだよ、ベイビー!
★写真は記念の集合写真であります。

諫早シナリオ講座発表会2
スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード