fc2ブログ

空堀川

空堀川


★一昨日からの雷雨の為、家の近くの空堀川(カラボリガワ)が増水し、急流の水を被った草がなぎ倒されていた。
場所によっては、背の小さい草はしぶとく生き延びているのか、或いは、倒されても、また果敢におきあがったのか、ピンとしていた。
やはり、人間も大きぎるのは、かえって厄介で、おまけにひ弱いのか?

★メガネの度が合わなくなって来て、レンズに傷ができたので、買い換えようとした。

★以前メガネ屋で目の検診をしてもらって、メガネを求めたら、度があわずに頭がいたくなり弱った事があったので、日曜だが、やっている目医者に行くとなんと、待合室は溢れかえり、1時間半待ちだと言う。

★おいおい、そんなに眼病患者が多いのかい?と突っ込みを入れたくなったが、この際左目の霞はしばらくおいといて、仕方がないので、メガネ屋で検診を受ける事とする。

★こちらはガラガラ。比較的丁寧に近視と老眼の検診をおこなってもらい。いざメガネとなった。

★ここで問題発生。はやりで、細く小さなレンズのメガネしかないのだ。

★この年になると、遠近両用なので、格好よりも実用性。レンズの視野は出来れば、そこそこ広い方がいいのに、もう3,4年前の幅の縁なしレンズは無いのだ。

★勿論、それ程品数の少ない店ではないのにこのありさま。

なるほど、「これが流行っています」とか「皆さんこれをお買いになってます」とかに一番弱い日本の国民性の一端を見せられた気がした。

★ヨーロッパへ行くからと言って、仕事なのでまさか伝統を大切にするパリかロンドンのメガネ屋でメガネを注文するわけにもいくまい。通訳を通しての検診と購入は無理だ。おまけに、メガネは出来上がるまで、1週間もかかる。

★そうだ、即日1時間渡しのメガネヤって受けるだろうな。

★だって、メガネは本当はすぐほしい。すぐ見えたいのだから。だろう、ベイビー!

★携帯を替えたり、メガネを造ったり、いいけど、仕事は進んでるのか?という声が聞こえてくる。strong>★「はー」ため息は大きい


スポンサーサイト



theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター