fc2ブログ

初めての荒通し

稽古A

★写真は稽古風景です。

★さて本日は初めての荒通しというか、通し稽古をやりました。

★まだ稽古がきちんとできていないところがあり、又台詞がきちんと入っていない役者がいたりで、とにかく初めから最後まで通して見たという塩梅です。

★後残された1週間に賭けるだけなのですが、いつものことながら、演出としては一番つらい通し稽古と言う事です。

★昔なら「緊張感がない!」とか怒鳴りつけて終わりという具合ですが、そうもいかず、あと10日間での傷の手当てというような考え方で稽古のやり方を考えます。

★幸いにして、もう何十回も演出をしているので、何処をどう直せば傷は完治して、一番健全な軀でお客さんに見せられるのかということは分かるので、まあ良いのですが、ここが正念場であり我慢のしどころでもあります。

★本日は音響の川口さんが見てくれたので、きっと間違いなく素晴らしい音を作ってくれるものと思います。

★現にもう音づくりは大分入っているのですが、芝居の荒通しを見ない事には、細部の設計や音の入れ方が決まってこないからです。

★本日は肩の痛みに加え頭痛までしたので、早々に帰宅しました。

★明日は最後の稽古休みの日。

★パンフレットの原稿やら何やら稽古がなくてもとても演出者は休めるものではありませんが、頑張ります。

★なんだかんだとこんな事情を書くと「なんだ『許されざる者』ー幻の帝國ーは面白くないのか?」と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。

★絶対に面白い舞台となる事を保証しますので、是非ご観劇下さい。間違いありません。

★それでは本日はこれにてお休みベイビー!
スポンサーサイト



theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード