fc2ブログ

パリ・ロンドン トリップ15

シベリア上空?
★パリ・ロンドン トリップ15★


★写真は多分シベリア上空あたりで、撮ったものと思われるが、正確なところは分らないというわけで、12時間の苦手な飛行の後、ついに11日間のパリ・ロンドンの旅を終え、帰ってきたのです。

★飛行機が苦手なのは、高所恐怖症と閉所・暗所恐怖症が重なっていて、正に3重苦に成ってしまうからです。

★高所は、高校時代5メートル程の高さの飛び込み台から飛び込み、1度は成功したのに、先生が、「飛び込んだら通信簿に5をつけてやる」とのたまい、失敗したときから苦手になった。

★体格の良いそれこそ夏の甲子園で準優勝した野球部員何人かにまじって、ガリガリの躯で度胸だけは負けないと思っていた小生が練習をし、成功して、いざ、先生の前で飛び込もうとした時、飛び板の先端で何を思ったか、いつシュンためらいたたらを踏んだ為、斜めに成った身体が、腹ぶち状態で水に突っ込んだ。
★人生一瞬のためらいが、とんでもない結果を齎すという教訓。

★丸太で腹を思い切り叩かれたような状態で水に沈んで行き、翌日から2週間ほど胸の内出血で紫色に腫れあがり、それでも金のない母は「人間の躯はほっとけば自然に治るの」と言われたという事があった。

★以来、観覧車も、つり橋も、まして、飛ぶはずの無い鉄の塊の飛行機は苦手なのだ。

★閉所・暗所も苦手で、エジプトのピラミッドに行った時も、身をかがめてトンネルを腹ばっていくと、棺のあった大きな空間にいけるのだが、トンネルの途中で断念して戻って来た。

★15年以上前か?NHKの名古屋に「中学生日記」の脚本を書きに行って、案内されたビジネスホテルが、余りにも暗く、狭く、デンキを全部つけても暗かったので「すみません。もっと明るいホテルに替えてください」といきなり言って、替えてはくれたが、多分゜なんて生意気な作家なんだ」と思われたと思う。

★それでも、その暗さと狭さはどうしょうもなかった。だから、今流行の間接照明とか、そういった居酒屋はにがてで、ある。第一食べ物が薄暗い照明の下で旨く食べられるわけがない。味覚はは見た目も大切なのだ。

★横道にそれたが、帰りの飛行機は後方の座席が空いていたので、トイレの近い小生は、トイレのそばに移った。後ろの座席の日本人のオバサンが、背中のトレーをぐいぐい押してきた所為もある。

★飛行機も新幹線も座席の背にテーブルがついている。これに対して何の感覚もない人が多すぎる。
背中とテーブルは連動してるんだ!憶えとけ、想像力の欠如した人間どもよ。

★席を移ったのはいいが、トイレは飛行機が飛び立ってすぐ、故障になり、移動した意味はほとんどなかった。

★足の屈伸をしたり、して、なんとか成田についた。

なんと言っても東京タワー

★成田からバスで、新宿へ。東京タワーを見てほっとする。帰り着いて我が家からの富士

★我が家についてさらにほっとする。

★あれっ?高所恐怖症のはずが、なんで団地の高い階に住んでいるんだ?おかしいじゃないか?確かにおかしい。ただいつもベランダから下を覗いている訳ではないので大丈夫なのである。

★Sさんに時差ボケを早く取る為にはすぐに寝る事と聞いていたのに、テンションガあがりっぱなしで、土産話をし続けた為、この後、時差ボケに苦しむヒビと成るのだが、それについては又明日。




11月3日

★稽古に行く。次第に固まってくる。脚本を書かれた北川牧師か゜゛いらっしゃる。

★帰りの電車で座っていたら、目の前に来た男が網棚に荷物を上げたとたん、荷物のポケットからケイタイが落ち、運悪く、3が月近く前に骨折した、左腕に当って落ちる。「ごめんなさい」と中年に近い男は言うのだが、なにやら「俺はごめんなさいと言ったよ、返事しろよ」というニュアンスで、怒鳴るようにいうので、実に不快で、「大丈夫です」と言ったものの、「なんでよりにもよって、骨折した手首に落とすんだよ!」とは言えず、不快感だけが残る。

★謝る時は言葉に心を込めろよ、あんちゃん、なっそうだろうベイビー!
スポンサーサイト



theme : イギリス
genre : 海外情報

comment

Secret

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード