fc2ブログ

おめでとうは言えなくて。

年賀富士CZ

★これはベランダから見る、富士山夕景の拡大写真です。

★さて、松の内も過ぎてしまい、本来なら年賀のご挨拶を申し上げるのですが、2004年元旦に起きた能登半島をはじめとした災害に呆然として新年のご挨拶も言えない有様です。

★どれほどの心配をしたとしても、どれだけ心を痛めたとしても、何も出来ないもどかしさ。ただ祈るばかりの虚しさの中で、何と言って新年の祝詞をしたらいいのかと戸惑い、どうにもならないことを知ったのでした。

★本当にささやかに義援金を出して、被災した方々の、悲しみ苦しみがほんの少しでもなくなるよう、祈るしかない虚しさを、東北の3、11と同様、感じるばかりの無力さに心が落ち込みます。

★例年、青山墓地に年末に墓参りに訪れるのですが、今年はタイに住む甥の帰国の都合で、明けて1月の3日に、我々夫婦と次男の夫婦とその甥とで、先祖と父母、そして亡くなった妹の墓に参りました。

★よく晴れて、久しぶりの大人数での墓参りになりました。

★合わせて、震災で亡くなった方々の御冥福と、未だ行方不明の方々のご無事を合わせて祈りました。

★能登半島の珠洲や輪島は、自身の過去の疎開した地や、幼少の頃住んでいた処以外では、旅行嫌いの家人と唯一と言っていいほど旅した地でもあります。、小生は2回目でしたが、初めての家人は思い出に残る素敵な土地でした。

★それだけにあそこにいた親切な本当に良い方々が、突然の災難と恐怖に引き裂かれたのかと思うと、本当に耐えられません。

★落ち着いたら、若ければ何を置いても駆けつけてお手伝いをと思っても、そこら中に病を負った、後2か月で81才の身ではなにを悔やんでも、何も出来ません。

★もう何回も書きましたが、畳が擦り切れて藁になり果て、床下の板の隙間から凩が吹きあげて眠れなかった幼少期の事を思うにつけ、避難所での苛酷な日々は、いかばかりかと想像するばかりです。

★暖房にあたり、加湿器のある中でお餅を食べている身で、何をかいわんやですが、『生きてください!。生き抜いてください』

★それしか言えません。

★81才今年もなんとか生き抜くつもりです。書き残したことは沢山あるので、ただ書くのみです。

★本当に筆不精で書くのが苦手だった小生、70代の終わりに体力も無くなって・・・・・・

★「書き残さねば、あれも、これも」と痛切に思い始めた愚か者です。

★ま、その事は悔やんではいませんが。

★それではまた。

スポンサーサイト



theme : いま想うこと
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード