桜7分咲き

★写真はベランダから見た桜の七分咲きです。

★さて、本日は夕方まで、嵐が吹き荒れていました。

★夕方から雨は上がったので、夜家人が勤め先から帰ってきてから、二人で自転車で東村山駅近くのイトーヨーカドーへ行きました。

★実は肩の具合が良くないのでかねてから企んでいた、枕を買いに行ったのです。

★すると枕売り場でちょっとしたことを聞いたのに、係りの人がいろいろしゃべりだし、挙句の果ては、ベッドに横にならされ、枕のセミオーダーという風になってしまった。

★枕の部分が4っつに分かれていて、頭の下の部分と上の部分そして右と左の部分の薄いマットを引いたり足したりして調整するのである。

★およそ20分色々と講釈を受けてなんとなく、その結構高い枕を買わされてしまったというか、買ってしまった。

★4月から消費税が上がるので、日用品とかのまとめ買いをしている人が多いようで、そういった人も結構スーパーには居た。

★けれども蓄えの無い我が家としてはそういったことも出来ない。

★したがって、4月になったら8%に上がった日用品を買わざるを得ないのだ。本当に現行の政権は貧乏人を徹底的に目の敵にして、滅ぼそうとしている。

★これほど金持ちの味方で金持ちを優遇して、貧乏人を痛みつける政府はこの国の歴史上はじまっていらいではないのだろうか?

★皆唯々諾々とこうした政策に従っている日本国民はよほどの大金持ちなのか、それとも北朝鮮が独裁国だ等と言いながら実は今の日本の方がよっぽどの独裁国なのだという事が分かっていないのだろう。

★ありあわせの金で、米5キロを買って2日分ぐらいのおかずの一部を買って帰ってくる。

★晴れてはきたが、相変わらず夜半まで激しい南風が吹荒れていた。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

スポンサーサイト

theme : 健康
genre : 心と身体

まるで五月のような

多摩湖の夕景

★写真が尽きたので昨秋の多摩湖の夕景をアップします。

★さて、本日は最高気温22度と昨夜から暖かくて、布団と毛布2枚だったのに、毛布を2枚とも寝ている間に剥ぐような暖かさ。

★このところ諸事情で風呂に入れなかったので、思い切って、午後風呂を沸かして入った。

★というのも、寒い時期は昼に風呂に入ると決まって湯冷めがしてしまい風邪などひくので、よほど暖かくならないと昼風呂は敬遠しているのです。

★昼に風呂に入ると、どっと疲れが出るようですが、そんなことはともかく、さっぱりして、少々お出かけ。

★割合短時間で用事をすませて、ご帰還となる。

★桜も3分から4分咲きで、このまま春になれば良いのに、天気の方もそうはいかず、三寒四温で、あっという間にこの国最高の季節は行ってしまうようなのです。

★家人も小生も幸いなことに花粉症の症状はないので、出来るだけ、春が長く横たわっていて来ればいいのにと思う昨今であります。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 天候・気候
genre : 日記

:劇団HP

八犬伝 仮チラシA

★写真は、次回公演の仮チラシです。

★さて、本日は午後、篁 北村両劇団員が事務所にやってきて、HPの劇団員のプロフィールの書き換えの作業を行いました。

★途中食事タイムを挟んで、終わったのが夜11時過ぎ。何日かかかるものと思っていましたが、写真の選別から始まって見事に書き換える事が出来ました。

★みなさん。劇団ギルドのページを新たに開いて見てください。劇団員のプロフィールが見事に一新されています。

★と、ここまではいいのですが、10時過ぎに西武新宿線が人身事故で電車が止まりました。

★結局一人は比較的近くなのでタクシーで帰り、一人は泊まるという事になりました。

★明日の朝が早いので、同じように早い家人と一緒に朝一番で帰ることになりました。

★本日これまで。


★お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

パンドラの匣の芝居

春三月の銀座

★写真は、3月末の銀座の夜景です。

★さて、本日は年度末で色々と忙しく、カリキュラムを作ったり、その他の重要書類を作ったり大忙しの午後でした。

★夜、銀座のみゆき館へパンドラの匣の第3回公演を観に行きました。

★今回はふたくちつよしという方の作品で、佐藤雅子さんの演出「あした天気になぁれ」という舞台でした。

★この劇団はまだ出来上がって新しいにもかかわらず、実に実力のある役者が説得力のある芝居をしています。

★今回の作品はそれほど笑わせる要素はないものの、生きていくことの悲哀と物悲しさを巧みに描いた作品で、役者それぞれの個性がひかり、大変アンサンブルのとれた舞台で、感銘しました。

★こうした芝居をより多くの人が観て、現代の演劇の良さを感じてくれたらと思います。

★4月1日迄みゆき館でやっています。お暇な方は是非足を運んでみてください。おすすめの舞台です。

★終わって、照明の明日さん。出演者の桑原さん、うちの劇団員の中谷、座長の佐藤さん他の方々と、楽しく語り合いながらちょっぴりお酒を(もっともいつもちょっぴりしか小生は飲めないのですが)いただきました。

★出演者の大変元気な美里さんと交流したり、帰りの電車では同じく出演者の山口さんと一緒でした。

★いい芝居を見た後は歓談も楽しいものです。

★今日は夕方まで細かい雨が降っていて、いささか寒かったのですが、明日からは春が確実に訪れるようです。

★ちょっぴり、咲き始めた、我が家の近所の桜です。

桜咲き始め

★もう春はそこまで来ています。

★お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

71回目の

曇り空の光線

★写真は、26日の曇り空です。

★さて、今日で71回目の誕生日を無事迎えました。

★FACE BOOKから色々と誕生日おめでとうのメッセージをいただき、照れるやらとまどうやらです。

★戸惑うというのは、FACE BOOKの返事の返し方がいまだによくわからず、返事を書くと送信のボタンが何処かわからず、メッセージを終えて閉じようとすると、「メッセージが途中ですが、閉じて別のページに行きますか?」という表示が出てきて、結局うまく返信を送れずじまいという事になり、いささか、困っています。

★まとめて掲示板でありがとうございました。と送る事しかないかなと思っています。

★それはともかく、71回というのは何とも複雑な心境で、ある意味、若いころよりおめでたいと思う部分と、年を取ること自体全くおめでたくないと感じる両方の部分があります。

★風邪からの病み上がりなので、ともかく1日おとなしくしていました。

★家人が買ってきたケーキを食べて、久々に焼肉の鉄板焼きの食事をしました。

★夜あまりの地デジの放送が下らないので、BS朝日の植村 直己のドキメンタリーを見ました。

★植村直己さんは小生の尊敬する人で、あれほど邪気なく冒険を続けていき、生きて帰ることを最大のテーマとしながら、冬のマツキンレーでついには消息不明になってしまった生涯は本当に切なくも悲しい生き方でした。

★何の利益もなく、一つが終わるとまた次に進む姿は、はたにはものすごい迷惑をかけ、エゴイスティックな生き方としか思えなくて。

★植村さんの奥様は常に平穏な生活を望んでいたのを見ていた家人が「あなたとおんなじね」とぽっんと言う。

★植村さんには比べるべくもないが、金にもならない芝居を次々と迷惑も考えずやり続けていることは周りから見れば全くエゴイスティックにしか見えないかもしれない。

★「あのなー、冒険には必ず周りに助けてくれる人が必要なんだよ」と言うと。

★「そう来たか」と家人が返してきた。

★そんなこんなで71回目の誕生日は終った。果してあと何回の誕生日が迎えられるのか?

★何回であろうと、ただ健康に迎えたいと思うのみである。

★そして何よりもこれまで、本当に多くの人の好意によってここまで生かされてきたことの感謝をつよく思った。

★ありがとうございます。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 思うことをつれづれに
genre : 心と身体

プレイショップとオーディション

夕焼け春の

★写真は今日の夕焼けです。

★さて、本日は夜武蔵関の稽古場で、新人のオーディションと並行してモノローグや会話のPLAY ショップを行いました。

★オーディションはともかくとして、旧人は多少良くなったのと、相変わらず何回もやっているのに少しも進歩しない者に別れます。

★人当りやると時間がないので一人の人間に何回もやり直しをさせるという稽古が出来ないので、少しフラスト気味になります。

★稽古場で言われた一言でもいいから、次の回までに復習してくればと思うのですが何とも・・・・

★終わって駅近くの居酒屋で一杯。今回裏を手伝ってくれるK君も来てくれたので、久しぶりにそろった面々で色々と語ります。

★終わって、帰り着いたのはなんとか0時前。

★風邪ひきの熱が下がり、だるさはあるものの、普通の体調に戻りつつあります。

★気温も上がり暖かくなり17℃とかそんな最高気温で、夜も10度くらいになり過ごしやすくなりました。

★体調を整えて、やるべきことをやろうと思うのです。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

打ち合わせ

薄暮の富士

★写真は昨日3月23日の夕方の富士です。

★さて、本日は昼色々と準備をして、17時に高円寺駅前で今回の芝居に映像を担当していただく松田さんと会う。

★改札口の前で待っていると松田さんが来る数秒前に今回客演で出てくれるK君と奥さんのMさんに会う。声をかけたとたんに松田さんがやってきて、互いに顔を知っているので、あいさつだけして、すぐ喫茶店で打ち合わせ。

★セットの大体の感じと映像との打ち合わせをする。

★その後仕込中の明石スタジオへ行き、会場を見せてもらう。

★会場支配人の浅間さんとは古い付き合いで、彼が役者をやっていた頃、ウン十年前今度の芝居「吾が魂の八犬伝」の初演に彼は出ている。松田さんもまた浅間さんとの古い知り合いなので、一緒に飲もうと話はまとまる。

★会場の仕事が終わるまで、先行して、北口の酒場で松田さんと飲む。彼は多彩な才能の持ち主で、パントマイムや不思議な楽器テルミンの演奏から照明、音響となんでもこいの不思議が付くくらいの人。話は弾む。

★やがて浅間さんも来て、3人で飲む。なんとこの3人ちょうど10歳ほどづつ年が離れていて、でも話は合うし楽しい。

★浅間さんの提案で眉山という居酒屋へ場所を移す。ここのママがなんと今から41年くらい前、なつかしや五月舎という養成所で小生が俳優修業をしていた頃の同期の夜間部の生徒だったという。

★昼と夜のクラスは違い面識はなかったが、なんという奇遇なのだろうか。つくづく芝居の世界は狭いと感心する。

★今年の6月~来年1月も高円寺での公演が続く。高円寺明石スタジオと来年1月後半のザ・高円寺である。

★何かとお世話になりますと挨拶して、11時頃店を出る。駅前で解散。

★野方までタクシーで出て、西武新宿線に乗り換え帰ってくる。

★病み上がりの身にはちょっと過激だったが、それでも楽しい一時だった。

★本日ここまで。お休みベイビー!また明日。


theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

やっと春らしくなったのに・・・・

雪富士

★写真は雪をかぶった富士で、そろそろ見納めの時期かもしれません。

★というのも、北風がしっかり吹いて富士の周りの雲を蹴散らしてくれないとこういう風にすっきりと富士は見えないのです。

★したがって春以降はなかなか、富士山が見事な全身を撮らせてくれるという事はなくなってくるのです。

★ようやく、気温も日中も16度くらいになり、風も収まって春の気分という処なのですが、こちらは風邪で、散歩もちょっとまだ億劫という感じであります。

★そんなわけで、TV三昧になってしまい、トヨタ自動車の初代社長をモデルにしたリーダーズというドラマを2夜に渡って見たのですが、演技達者の者がそろっているのに、どうも怒鳴り合う芝居ばかりの多い演出というか脚本で。

★うまい役者の怒ったり、どなったりのシーン等見ても感動しないし、彼らにとってはこんな楽な芝居はないものであります。

★伝記物の陥る礼賛部分が鼻につくのと、肝心な戦争の部分を戦場にトラックを送ったという事や、兵隊に行き1人死んで帰ってくるというだけのたった3分足らずの描写は、取ってつけたようで、自動車会社が戦時中どういう関わりをしたかなどという事が見えてこない。

★器用な役者が怒鳴るばかりで持ち味を発揮できない中で、やはり抜群の旨さを誇ったのは橋爪功さんのメリハリのある中でのぬえの様な芝居は相変わらずだった。

★小生が書いて何回も出演なさったラジオドラマの頃からの旨さにますますみがきがかかっていたのが、すばらしかった。

★特に主人公佐藤浩市が亡くなった後の弔辞を読むシーンの緩急と橋爪さんの役自身への無念を込めた芝居は圧巻であった。

★山口智子もそれなりに糟糠の妻の役を演じてはいたが、それほどに存在感があったわけでは(もっとも見せ場がない役で)なかった。

★後はたいした見せ場もなく、怒鳴るばかりの描き方がされていたので、かえって芸達者な役者たちには気の毒に思えたくらいである。

★やはり、難しいとは思うが、本と演出でTVドラマは決まる。

★といった病人の勝手な感想であった。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : ひとりごと
genre : 心と身体

風邪で休養

夕焼け怪しいぞ

★写真は夕方の空。

★風邪で熱は下がってきたようなのですが、だるく、1日寝椅子にゴロッとしていて、ボランティアから帰ってきた家人に促され、西の空を見るとなんとなく怪しいので写真に撮りました。

★近頃はいろんな風邪が流行っていて、咳もでなく、喉もいたくないのに2か月も続いた風邪もあるとか家人から聞き、「おい、えんぎでもないこと言うなよ」と言ってしまった。

★65歳で先日亡くなった大瀧某とかいう歌手が2日程熱があり、かぜとおもっていたが、3日目に大声を出して叫んで逝ってしまったとかの新聞記事をよんだり、年を取ると何事もマイナス材料な事ばかり考えてしまう。

★それでも、寝椅子というかカウチにぼんやりと座って、ちょっと熱っぽい頭で窓の外を見ると白い雲が春の雲なのかぽっかりとういていて。

ぽっかりと

★そのぽっかりと浮いている雲をぼんやり眺めていると、よくぞここまで生きてきたなーという何とも言えない感慨がこみ上げてきたりする。

★これも風邪のせいなのかもしれない。

★富士山も姿を現して・・・・

見つけた

★なんか今日はブログを写真で埋めてごまかしたような気がするが、文字は少ない方がいいのか?

★おやすみベイビー!また明日。

theme : 心のつぶやき
genre : 心と身体

テレビ朝日アスク修了式

富士山見えた

★写真は強風のために久々に見えた富士さん。

★さて本日はテレビ朝日アスクの放送作家講座の修了式がありました。

★昨年10月から始まったテレビ朝日アスクの生徒の修了式がありました。

★熱がありしんどかったのですが、行かないわけにいかず、夜重い腰を上げて六本木へ。

★高桐講師の授業が終わり、小生も10分程喋りました。

★終わって、六本木の居酒屋で打ち上げというか飲み会。

★8人の生徒と最初にして最後の飲み会をやりました。

★主にバライティーの放送作家になりたい人が多いのですが、その道は大変険しく狭き門でもあります。

★彼らの奮闘を望むばかりです。

★熱があるため、早めに帰り、12時前には家につきました。

★とにかく熱を下げなければと思うだけです。

★休みます。お休みベイビー!また明日。

theme : クリエイティブなお仕事
genre : 学問・文化・芸術

風邪

春一番2

★写真は先日春一番が吹荒れた日の光景です。

★さて、どうも昨夜調子が悪かったのだけれど、やっぱりというかとうとうと言うか風邪をひいてしまった。

★本日は市谷の事務所の地下で放送作家協会の理事会があり、その後部会があり、ラジオドラマ大賞の表彰式が行われたのだけれど、そこまで我慢したが、もうダメ。

★2次会をキャンセルして、草々に帰ってくる。

★家で熱をはかると37度9分、かなりしんどい。飯を食べて風邪薬を飲み9時に寝るが、10時半に目覚めてしまう。

★こうしていつもより早めにブログを書いているが、なんとか休みたい。

★ここまで、今年は頑張って風邪をひかないで冬を過ごしたのに、このところの日替わりの気温の乱高下が災いして、熱が出てしまった。

★色々とやらなければならないことがあり、早く直さなければと思う。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 病気・症状
genre : 心と身体

脚本家ニュース校正

我が家のランプ


★写真は先日片付けしたときに出てきたわが家のランプです。

★さて、前にも書いたと思いますが、この頃朝4時に寝て、9時過ぎにトイレに起きるとその後なかなか寝付けなくなってしまう時があります。

★眠るのにも体力がいり、年を取ってくるとその体力が不足してなかなか眠れないという説があります。

★その説の通りなのかどうかは分かりませんが、そんな具合で今日は起きてしまいました。

★そのまま家にいてごろごろしている日はいいのですが、出かけなければならない時は流石に疲れます。

★本日は午後、六本木の日脚連へ行き脚本家ニュースの校正をする。

★構成は1時間で終わり、本日は流石に疲れて、寄り道なしに新宿経由で5時前には自宅近くの駅に着く。

★久々にうまいラーメン屋でラーメンを食べ、自転車で帰り着く。

★寝ようと思うが、中々眠れず、本日も1時近くになる。

★さて、風呂に入って寝よう。本日はぐっすり眠れるに違いない。

★お休みベイビー!また明日。

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

何故ワークショップというのか?

春一番1

★写真は春一番の南風が吹きすさぶ光景。といっても、風を撮るには木立の揺れなどを撮らなければわからないので、この写真ではどこが?と言われてしまう。

★さて、本日はやはり4月の新学期が始まるので、何やかやと事務処理の書類を作ったりして、夕方までけっこう忙しくパソコンの前にすわる。

★夕方、といっても夜参宮橋の稽古場へ。風はややおさまり、暖かな日で、ちょっと着たものに間違いがあり、汗をかいてしまう。

★劇団員と客演の者、そして新たにオーディションを受けにきたNさんに、以前ギルドに出演して福岡から偶然上京していたMさんも加わってのワークショップ。

★主に他劇団ではあまりやらないだろうモノローグの稽古を中心にやる。

★モノローグは最近の芝居では説明的セリフ以外ではあまりないのだけれど、小生の芝居はモノローグが多く、何故かと言えばこれでも小生昔から寡黙というか、うまく言葉がしゃべれなくて。

★喋る声より、己の中で言って決して相手には届かない言葉を発し続けていたからである。

★そんなわけで説明ではない、心の感覚の言葉が小生の芝居には多く、それがモノローグになっている。

★そこで、モノローグの稽古が必然的に多くなる。

★終わって、久しぶりの人や初めての人がいるので、参宮橋で飲む。

★ところで、何故芝居の稽古なのにワークショップというのか?これが疑問でならない。

★ワークショップとは作業場とか工房とかいう意味があり、決められた芝居の稽古以外の研究実現の場や、エチュードやゲームによって色々と創造性を広げる事をワークショップというらしい。

★常々芝居はplayなのだからplayショップでいいのではないかと小生思っている。

★プレーショップというとなにがしか怪しげな大人の風俗的な事を連想するからなのか、英語に強い人、教えてほしい。

★したがってこれからせめて、自分のブログではワークショップとは言わずプレーショップと呼ぶことにする。

★なぜなら、芝居は所詮仕事ではなく、遊びなのである。

★仕事は決められた時間決められた事をやるから仕事といい、仕事はこなせばいい。場合によっては適当にこなしても仕事はできる場合もある。

★しかし人の遊びはそうはいかない。遊びの創造性は無限で仕事のそれをはるかに超える。

★人間仕事はそこそこでも、遊びには命を懸けたいものである。

★だから、小生、命がけで芝居をやっている。芝居は遊びだから。之はロジックでもなんでもない。

★よって今後ワークショップはプレーショップと呼ぶことにする。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇
genre : 学問・文化・芸術

自転車で下見

久方ぶりのゆうやけ2

★写真は昨日16日の夕焼けです。

★さて、本日は午後、新年度に向けてやらねばならないパソコンでの事務作業をやる。

★夕方家人が手伝っている自冶会でプリンターを買おうとしているので、小川駅の近くの家電量販店へ値段などを見にまたも自転車で行った。

★近くのドンキホーテなどものぞき見て、トマトジュース等や自冶会用のB5・A4の用紙も買い、途中デニーズに寄る。

★小生は麺を、家人はパンとハム等のセットを食べコーヒーを飲む。

★帰り着いてから再びパソコンに向かい事務作業。

★向かない事をやっていると、でも次第に事務的な事が得意になってきて、事務人間になっていきそうでこの年でも怖い。

★そんな感じの一日でした。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

夕焼け・久方ぶりの

久方ぶりの夕焼け1

★写真は久方ぶりの夕焼けです。

★さて、本日は夕方、ボランティア帰りの家人と駅で待ち合わせ、新青梅街道沿いのホームセンターへA4の紙の束や水半ダース等のかさばる物の買い物に自転車で出かけました。

★何やらやっと春めいた暖かさなのですが、強烈な南風が吹いて、これが春一番なのかそれとももう二番なのかわからぬまま、懸命にペタルを漕いで帰ってきました。

★久しぶりの夕焼けで、富士山ははっきりと見えなかったけれど、気分はすっきりという感じでした。

★テレビ朝日の55周年記念の「宮本武蔵」を2夜に渡って観ました。

★色々ミスキャストが多い配役で特にお通とか又八には勘弁してよという感じがあり、演出も立ち回り以外はものすごく下手なので、余計に役者が下手に見えるという悪循環でした。

★昔教育局でテレビ朝日がNETと言っていた頃、半年ほどADをやったり、教育番組ではツボに手を突っ込んでお菓子を欲張って握ったため、つぼを割ってしまった殿様という主役を演じた経験もあり。(生放送で、リハーサルで割れた壺の糸が取れなくて、大失態をしたという恥ずかしい過去があるのですが)


★現在もテレビ朝日アスクでシナリオ教室で教えている為、55周年には事の他思い入れがあるのですが、残念でした。

★あの長い吉川英治の作品を脚本化するのは少し欲張りすぎなのと、これは女性差別でもなんでもんないが、女の脚本家が書く武蔵というのはどうも、男の狂気を描くのにはあまり向かないような気もしました。

★しかしいまだにジャニーズ事務所の顔色を窺うようなキャスティングからはしっかりとしたドラマは生まれ得ないという思いがします。倍賞美津子、香川照之、西田敏行等の名演技があるだけに本当に残念でした。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

人は死して何になる?

3月15日東の空

★写真は本日3月15日の東の空でした。

★さて、スマホの万歩計は昨日は3271歩だったのに、本日は44歩。本当はもう少し歩いているのだけれど、家から一歩も出なかったのでスマホの移動はほとんどなくてこういう結果になった。

★人は亡くなるとこの国では骨にされ(小生は未だに火葬には反対だ)やがて、その先はタオルとかお茶とか味付けのりになって、葬式に出たその友人とか知り合いの元に香典返しとなって帰ってくる。

★それが何ともやりきれない。親しければ親しい程、切なくやり切れない。

★午後、やらなければならない事はたくさんあるのに、なんとなく連日の疲れが出て、夕方蕎麦を食べる。

★ゆでた蕎麦に味付け海苔を破ってかけて食べる。この海苔は1月になくなった親友Aの香典返しなのだ。

★海苔をいっぱいちぎり、かけてそばを食べると運動好きで、自らの心臓の弱さを鍛えるようにテニスやバトミントンを逆にやりすぎて、亡くなってしまったAの無念さがこみ上げてきて、前を見れば、ベランダ越しに淡くもうほとんど春になったぼんやりとしたビルの屋根や空が見える。

★何ともさみしくなって、もう取り返しのつかないことに更に悔やみが募りながら蕎麦をすする。

★やがて自分は何になるのだろうか、布きんか、石鹸か、それともお茶か・・・・

3月15日西の空

★そんなことを考えると、やらなければならないこと、やるべきことが山積みなのに今更気づいて焦る。

★焦っても春は確実にやってきている。ベランダから外に出るとかなり寒かったが、明日は確実に17℃くらいになり、ほとんど春だという。

★ボランティアの仕事を終え「天気がいいから出てきたら」と鷺宮から家人の電話があったけれど、何故か本日は1歩も外へ出なかった。

★そんな1日を悔やむ瞬間が来るのだろうか?ボンクラの小生にはとんとわからない。

★本日これだけ。お休みベイビー!また明日。

theme : ひとりごと
genre : ライフ

整体へ

六本木3月

★写真は六本木3月12日の風景です。

★さて、本日は久々に所要による都心への仕事がなかったので、午後、少し離れたところにある整体院へ電車に乗り行きました。

★左肩を中心にかなり色々と腕を回したり、肩を折り曲げたりして、先生から足の太ももを鍛えるよう言われました。

★終わって国分寺の駅ビルの本屋などをぶらぶら、塩ラーメンという函館仕様の旨いが小生の躯にはあまりよくないラーメンを食べて、帰ってきました。

★家に着くと親しくしている近所のお姉さんOさんが来ていたので、太もものストレッチを教えていただきました。

★Oさんは元インストラクターで、色々と教えていたので、頼もしい限りです。

★家人が揚げたフキノトウや主に野菜の天ぷらと蕎麦の夕食を3人で食べました。

★食べ終わると急速な眠気が襲ってきて、たまらず、1時間ほど昼寝ならぬ夜寝をしました。

★疲れがだいぶ溜まっているようです。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 心と身体のケアを大切に!
genre : 心と身体

HP写真撮影~落語会

撮影A

★写真はHPの写真の撮影の様子です。

★さて、本日は午後、参宮橋の稽古場で、カメラマンのMさんにお願いして、HPとチラシ用の写真を撮りました。

★本来天気ならば屋外の撮影も計画していたのですが、横殴りの雨で、室内のみの撮影になりました。

撮影B

★3時間ほどで撮り終えて新宿で5人でお茶1時間ほど。

★その後別れて更に強い雨の中四谷へ。

★立川流の奥山侊しんさんと立川こしらと立川志らら等による落語会へ行きました。

★毎月第2木曜日に四谷のコタンという喫茶店で開かれる落語会。今日は少ないかと思われましたが、11名もお客が来て、和気あいあいの内に楽しい落語会になりました。

★奥山さんは「8時だよ全員集合」とか「シャボン玉ホリデー」や「ゲバゲバ90分」等の番組を書いていた放送作家の中のレジェンドで、落語もまた、至芸ともいえる腕で、相変わらずお元気であります。

立川流落語会

★終わって帰る頃には雨も止んでいて、嵐のように忙しく楽しくもあった1日も終わりました。

★明日は少し休めるかもしれません。ちょっとこのところ年寄りにしてはハードで、正直疲れました。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

脚本家ニュースの編集

四谷の梅

★写真は先日四谷へ行った折の梅の花です。

★さて、本日は月に一度の六本木の日本脚本家連盟で脚本家ニュースの編集の日。

★約2時間程、例によって4月号の編集と割り付けです。

★編集委員にアニメの脚本家が多く、仕事が終わっての脚本家の現場からの色々な話。

★小生の頃はそんなことはなかったのに、昨今は原作者が本作りに出てきて、色々強引な意見を言ったり、「この脚本は違う」とか言い出したり、有名な出版社の社員である編集者が威張っていて、「誰のおかげでこの仕事をさせてもらってるんだ」等と傍若無人な事を言う者までいるという。

★いくら有名出版社とはいえ、単にその会社の看板を背負っているだけなのに、何を勘違いしているのかという輩が多いとの事。

★元来そうしたトラブルはプロデューサーが中に立って色々と守ってくれたものだが、今は原作とテレビのアニメはそれなりに違うものなのに、横暴な原作者や編集者をたしなめたりすることも出来ないという。

★また、アニメは利権を得ることが多々あるので、プロデューサーが全くの素人の自分のカミさんに書かせて、そちらをプロに書かせたものと比べて、いやおうなしに採用し、利権を独り占めするとか、まあ、きりがない話を聞く。

★もうほとんど引退されたTさんや別のベテランのTさん、そして小生もまた、プロデューサーとかディレクターに恵まれ、そのような理不尽な事はほとんどなかったので、昨今の現場事情をただあきれて聞き入る。

★大変な時代になったものである。

★終わって新宿経由でラーメンを食べて、すんなり、帰ってくる。

★その後8時頃、近頃労働が重なって疲れ気味の家人が帰ってきて、下の自治会の会議の事務に出ていく。

★9時半過ぎ帰ってきて、二人で明日の劇団の準備をする。

★日本テレビの「明日ママがいない」の最終回を観る。ドラマとしては実に稚拙な出来だが、そのことは別にして様々な抗議や雑音にめげず、最後まで打ち切らなかったことには拍手を送りたい。

★表現の自由という事はよほどの害悪を流さない限り、制作者側はきっちりと守るべきである。めずらしく、自局の番宣と公共広告機構のCMだけなのは、皮肉なことにいっそうるさくなく、すっきりしていた。

★夜ラジオドラマのベテランのこれまたTさんから、「近頃ラジオドラマの脚本家の名前がHP等にも乗らないのはどういうことだ、脚本家連盟の理事にでも提案してほしい」との電話がある。

★こちらも脚本家軽視のゆゆしき徴候である。テレビと違い、ラジオは主に誰が書いたか、誰の演出かという事で聞く事を選択する場合が多い。

★このことはだいぶ以前からの懸案でもあるのだけれど、一向に是正されない。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 制作過程
genre : 学問・文化・芸術

打ち合わせと稽古

DSCN5244.jpg

★写真は久々に顔を出した富士山です。

★さて、本日は昼12時に新宿で芝居のスタッフと打ち合わせをしました。

★その後いったん帰宅したのですが、3.11から3年とかで、電車を一時止めるとか言い出し、そのことに何の意味があるのかわからず、かろうじて電車が止まる前に降りて駅から歩き始めたら正に2時46分、途端に大きなサイレンが町に響きわたりました。

★防災訓練ならともかく、ただ震災を記念日的にして、逆に風化させるが如きマスコミの報道は怒りが募るばかりです。

★本当に東北の被災地や福島の事が大切なら、何故毎日1分でもいいから、今日の福島とか今日の東北とかを放送しつづけないのか?

★小生の知る限り、定期的に被災地や福島の事をニュースにしているのは「東京新聞」だけのような気がします。

★東京新聞は徹底していて、反原発と被災地支援に特化していて、あまりにいい加減かつ軸がぶれる朝日新聞を止めて、1年ほど前から東京新聞に変えたほどであります。

★福島県人の怒りや、東北被災地の方々の一向にはかどらない復興への怒りはほとんどカットして、マスコミのお涙ちょうだいの記念碑的番組やニュースの作り方にはうんざりです。

★決して東北人は辛抱強いだけではなく、その怒りをカットして、ただ悲しい寂しい、感謝しているというトーンにすり替えるマスコミのインチキには本当にうんざりです。

★いまだに放射能の垂れ流しや除染もままならないのに、何のために原発を復活させようとしているのか?

★傷だらけの東北をそのままに、オリンピックをやろうという根性が小生には分かりません。

★日本列島を身体に例えるなら、まず病気を治してから、お祭りはやれよという話です。

★そんなこんなで家で仕事をして、夜再び都心へ、参宮橋の稽古場へ9時過ぎにかけつけ自主稽古で集まった団員に10分ほど報告をして帰ってきました。

★ここのところ大変疲れる日々が続いています。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

放作協の部会

四谷の黒猫

★写真は四谷で小生に声をかけた猫です。

★さて、本日は15時~市谷の放送作家協会事務所で、計画中の事業に関しての部会が4人程で行われました。

★終わって4人でコーヒーを飲み歓談。

★本日眠いので、新宿でラーメンを食べてまっすぐ帰ってきたつもりが夜9時過ぎ。

★今夜は(10日)は風呂に入って早めに寝ます。

★といっても、1時過ぎになると思いますが、これでも早い方。

★お休みベイビー!また明日。

theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

オーディション2

八坂駅から

★八坂駅に来る電車。

★さて、本日(9日)も昨日に続きオーディションをやりました。

★劇団員の知り合いの知り合いの女性1名のオーディションを参宮橋の稽古場でやりました。

★朗読からエチュード等をやってもらい、色々話を聞きました。

★受けた方の都合もあり、一応答えは先送りでした。

★また今度劇団の写真を撮ってくれるMさんも稽古場に来てくれました。

★終わって4人程で飲み会。

★いろいろあってブログが1日延びました。

★そんなこんなで忙しい1日でした。

★お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

劇団オーディション1

お湯を待つアビ

★写真はお風呂の蓋の上でお湯を待っているところです。

★アビは毛が少ないためか、極度の寒がりで、俗に言うね猫舌ではなく、お湯が大好きなのです。

★したがって、隙あらば鳴きながら小生や家人を風呂場に誘導し、お湯をせがむのです。

★蛇口をひねってからお湯になるまでラグタイムがあり、その間風呂の蓋の上でじっとお湯がプラスチックの桶に溜めてくれるのを待っています。

★お湯が桶にいっぱいになると、アビはおもむろに風呂の蓋の上からとび下りて、お湯を飲み始めるのです。

お湯を飲むアビ

★さて、本日は参宮橋の稽古場で6月の「吾が魂の八犬伝」の出演者のオーディションを行いました。

★残念なことに色々呼びかけたのですが、本日は女性一人の応募しかなかったので、何人かの劇団員を交えて、基礎訓練の後、主にモノローグの読み稽古をやりました。

★こちらとしては一緒にやってみたいと思ったのですが、ご本人は別の劇団のオーディションも受けてみたいとの事で、即答は出ませんでした。

★終わってその方を入れて3人で食事をして、色々話をしました。

★土日は若い人で満員なのに、いまだに私鉄は終電が意味もなく早く、帰りはややあわてました。

★こういう風に鉄道等は未だに殿様商売で、時流に合わせたリサーチを行なっていないのには腹が立ちます。

★忘年会がある師走の後半などは、臨時列車を増発してもいいのに、昔の慣習通りのダイアの組み方です。

★自分が鉄道の社長なら、タクシーやハイヤーなどに乗らず、丹念に朝のラッシュ、昼時の電車、夜の終電付近など徹底的に電車に乗ってみて増発なり、間びきなりをするべきだとおもうのに、鉄道だけはいまだに殿様商売なのにはあきれます。

★そんなわけで、本日も日にちをまたいでのご帰還でした。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 演劇・劇団
genre : 学問・文化・芸術

打ち合わせ

六本木ヒルズ

★写真は六本木ヒルズです。

★さて、本日は3月というのに底冷えがして、午後六本木では雪が舞いました。

★その六本木の喫茶店で2人で打ち合わせ、その後さる事務所へ行って4人での打ち合わせがありました。

★まだどうなるかわかりませんが、仕事としてはうまく展開してくれればと思う次第です。

★その後新宿経由で帰宅。

★深夜、録画しておいた日本アカデミー賞の表彰式を見る。

★このところ日本映画にはとんとご無沙汰なので、出てくる作品は全て見ていないのですが、なんとなく、日本映画も小粒になってしまったのではないかという勝手な感想です。

★特に「そして父になる」で取り上げた子供の取り違えのドラマは、7年以上前2006年秋に「オデュセウスの涙―それでも家に帰りたいー」と題して下北沢の駅前劇場ですでに小生の作演出で上演したので、今更という感がありました。

★あるいはこちらが一歩の二歩も早すぎたのかもしれません。

★自慢でなく、若いころからやる芝居のテーマがちょっと先に行きすぎていると何人もの人に言われたものです。

★真の前衛は常に王道を歩めないという証かもしれません。

★残念なことに再演しない限り(メンバーが違えば別物なのですが)フィルムと違って後に残らないので、かつてこういう芝居をしたと言っても、虚しいばかりなのです。

★それはともかく、本日も真冬のような寒さ。何とかしてよ・・・・と誰ともなく誰かに言いたくなる1日でした。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

更に片付け

秋の富士B

★写真は昨秋の富士と夕焼け。

★晴れてもなかなか富士山が見えない。そこで、古い富士の写真を揚げてみました。

★さて、本日は北風激しく関東は晴れたけれどもものすごく寒かったのですが、午後家人と再びダイエーの100円ショップへ行き、透明なプラスチックのケースをあと5つ程買って来ました。

★家人はプラスチックのブックエンドのようなものを買ってきて、自分の机の壊した古いパソコンのあった場所に書類を置くらしい。

★そして又小生は果てしない片付け。今日は文具や、手紙の整理など、どんどん仕事は細かくなってきた。

★手紙は登録していない住所やメルアドを筆まめやウインドウズメールに入れたりするので、けっこう面倒な割に時間がかかり、中々はかどらない。

★この作業を挟んでoCNのメールに不具合が生じて、色々調べると大元の方の事故らしく、これはストレスになる。

★以前携帯を家に忘れた時は半日解放されて、逆に携帯が人間を縛っていることが分かったが、今回はEメールが通じなくなるとそれがストレスになった。

★仕事の関係が途絶したり、初め携帯の方で受けるメールがおかしくなったので、ドコモショップへ行こうかと思った。

★そのうち、やっとEメール自体がおかしいと気づく。

★しかし、Eメールは劇団用と個人用の2つあるので、相互に送ったりして見て、やっとOcNの大元の事故だとわかった。

★夕方そのことがわかり、15時過ぎ既に回復しましたとOCNの掲示板では言っているが、本当に回復して、ランダムに古いメールがやってきて、完全に治ったのは20時に近かった。

★これでは、仕事上支障のあった人は随分いたのではないだろうか?危うくうちも劇団の請求書の送付でギリギリセーフだったけれど。

★しかし、広告は随分しょっちゅううるさい程送って来るのに、7日午前3時近く、お詫びのEメールさえ来ない。

★どうなってるんじゃocn!

★そんなわけで、色々とイライラの積もる片付けの1日でした。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

片付けの続き

新宿西口4

★写真は新宿西口の光景(2月頃か?)

★さて、本日は深夜3時頃寝て朝7時頃いったんトイレタイムに起きたら眠れなくなり、仕方なく朝飯を食べて、めずらしく朝8時のテレビなどを見て、9時半から昼まで変則的に寝た。

★寝るのにも体力がいるので年を取るとなかなか眠れないと聞いているが、別に眠れないほどの悩みもないのに(それなりの悩みはあるにしても)この頃、3、4時間で目が覚めるとその後眠れなくなることがたまにある。

★困ったもんである。

★本日は仕事部屋の片付けの続き、そう5分の3くらいまで来たかもしれない。

★積み重ねたファイルを透明なA4の縦型ケースに入れ、背中に表示を張って一目で分かるようにしたが、まだ片付けきれないものがまだ沢山ある。

★後5分の2が片付けきるのはいつになるのか。片付けたり、探したりばかりの人生が果てしなく続くようでいささか、やりきれない。

★一日雨だったけれど深夜には星空が見えた。北風が強い。

★明日の予報は晴れ最低気温4度最高気温9度だが、北風が強いので体感温度6度だと言っていた。

★まだまだ春は遠い。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

来客

曇り富士

★写真は曇り空の間の富士山です。(随分前の物です)

★さて、本日は一人で追加の書類ケースをダイエーに買いに行き、その前に近くの整体院でマッサージを受けました。

★左肩は大分よくなったのですが、時々波があり、カチンカチンになるときがあり、そのためには近所のただマッサージだけの整体院に行き、磁気マッサージと手もみを計40分くらい受けると随分楽になります。

★ダイエーの100円ショップで5つ程ブリーフケースを買い帰ってくると、出かけていた家人が友達の車に乗せられて帰ってきました。

★家人の高校時代からの友人で家族ぐるみでつきあっているSさんでした。

★Sさんはお母さんを介護し続けているのですが、お母さんがしばらく入院したため、しばらくぶりに息抜きという事でやってきたのでした。

★晩飯はSさんが買ってきてくれた上質の焼肉を鉄板で焼き、久々にごちそうという感じで歓談しました。

★車で来ていたので、ビールというわけにはいかなかったのですが、コーヒーや紅茶で、4時間ほど語り合いました。

★家人は高校時代からの、こちらも23歳くらいからの知り合いなので、まあ、昔の話やら、今の話で、話は尽きないわけです。

★10時過ぎ彼女が帰っていき、結局今日は片付けの続きはとん挫しましたが、久しぶりに気の置けない楽しい時を過ごしました。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。


theme : 暮らし・生活
genre : ライフ

片付けの続き

久々の曇天

★写真は久々に覗いた青空です。

★さて、本日は夕方、家人と自転車を連ねてダイエーへ買い物に行き、その中にある100円ショップで8ッつ程プラスチックのA4のケースを買ってきた。

★そして平積みにしている書類を背中にラベルを張りそのケースに入れ、本棚に立てるという方法を試みる。

★今までも一部そうしていたのだけれど、忙しいとつい書類をクリアケースに入れて、平積みにしてしまう。

★するとパソコンの横の机に書類の束が重なってしまい、何かを急いで探す時、ひっくり返して時間がかかるのと、何が何処にあるのか訳が分からなくなる。

★それを避けるために項目のラベルを背中に貼って、一目で分かるようにするという方法である。

★いったん帰って荷物を置いて、上に住むOさんと3人で久しぶりにお茶を飲んで歓談。

★そして7時過ぎ近くのスーパーへ刺身の半額を狙って行くが、今日は強気で30%オフにしかなっていない、鯵の刺身を買いその他食料品を買い、トイレットペーパーやティシュボックス等かさばる物も買う。

★自転車で行くにしてもこうしたかさばる物は、二人で自転車の荷台の籠に入れてもいっぱいになる。

★帰り着いて、ロールキャベツと鯵の刺身で晩飯を食べ、片付けはスタートは夜9時過ぎになってしまう。

★いかに夜型の家といえどもスタートが遅すぎるが仕方ない。

★途中11時過ぎに、芝居関係の電話を2回ほどして、夜中に片付けの5分の2くらいがやっと終わる。

★なんとか明日中位に終わらせて、執筆態勢に行きたいものである。

★そして、本日はひな祭り。お雛様を家人が飾ったので次に写真を載せます。

★右のお雛様は、家人が生まれた時おばあさんが買ってくれたお雛様で、昭和21年なので、67年の年季が入っている。

★アビをその前に座らせて撮ろうとしたけれど、写真嫌いのお嬢様はうまく収まってくれなかった。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。


67年目のお雛様

theme : 片付け・収納・お掃除
genre : ライフ

光陰矢の如し

冬の夕焼け富士A

★写真は晴れた日の夕焼け富士です。本日は雨でした。念のため。

★3月も2日が過ぎ明日はひな祭りです。

★正月に親友のAが亡くなってから、もう2か月がたってしまったのだと思うと何とも寒々しい気持ちになります。

★彼は去年一年酸素ボンベを使わなければならない程に、心臓と肺が悪化していたのだけれど、このブログをチェックしてくれていて、彼の為にもいろいろ頑張って、せめてこのブログが励みになればと思っていたのですが、その甲斐もなく力尽きて正月になってすぐ亡くなってしまったのです。

★この2か月何かある度に、彼ならどうアドバイスしてくれただろうとか、ウッカリ電話をする気になり、「あゝあいつはもういないんだ」と思ったりしました。中1の時から58年以上の付き合いだったので、いまだに彼が亡くなったことがピンときません。

★しかし月日は容赦なく過ぎて、正に光陰矢の如しの感があります。

★いずれにしろこちらもそう長くはない命、もっともっと中身を濃くやることをやらねばならないと思うのですが、日々の疲れや日々の怠慢癖に流されていくばかりです。

★本日も連日の外出の疲れが出て、何の生産性もない休養日になってしまいました。

★まあ、年が年なのでこんなもんさという内側の声もあります。

★寒さがまたぶり返しているのも、非行動的にしている言い訳にもなっています。

★今個人的に抱えている問題もあり、とにかく春よ早く来いという心境です。

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 思うこと
genre : 学問・文化・芸術

誰も教えないのか?

八坂からの眺め

★写真は八坂の駅からの眺めです。

★さて、本日は芝居を観に都心へ。

★目的は芝居に出ているある男の方と次の芝居の打ち合わせがあって、芝居の後で話したのだけれど、その芝居自体はあまりに痛い芝居だったのでここでは触れません。

★まあ、色々な演劇があるものです。

★その芝居を観に行く行きの電車の中、一番ドア寄りの端の席に座っていました。

★ある駅から明らかに女子高生と見える私服の4人が乗ってきて、小生の右の空いた席に一人が座り、小生を取り囲むように後の3人が立ってお喋りをし始めました。

★新聞を小生小さく折りたたんで読んでいたのですが、たわいもないおしゃべりはともかく、横に座っている女の子が紙袋からサンドウィッチを取り出して走る電車の中で食べ始めました。

★ぐっと我慢しました。至近距離でサンドイッチの臭いなぞ嗅ぎたくありません。そのうち立っている娘の一人がパンを食べ始めました。

★しばらくたって他の二人もチョコレートを食べ始めるのです。

★よほど「御嬢さん。親とか誰かに電車の中で物を食べてはいけませんよと教わらなかったのかい?」と3度言いたくなったのですが、ぐっとこらえました。

★電車は土曜日の上りで、程よく混んでいてそれを言えばこちらが変なおじさんになりそうな雰囲気がありました。

★若い頃は駅で喫煙する高校生をも怒鳴りつけましたし、たばこの吸い殻をホームに投げ捨てる大学生を怒鳴ったり、あまりの大きな音でイヤホーンから音楽を聴いている若い娘にも「こっちは聞きたくねえんだ。音絞れよ!」と吠えたものです。

★それなのに、格好を付けるのか変なおじさん、いや変なお爺さんと思われたくないのかぐっと我慢してしまいました。

★でもいったい、適度に混んだ電車の中で、ものを食う若者にいったい誰が注意し、誰が分からせるのでしょうか。

★勿論子連れの若い親が二人でものを食べていたのを目撃したことも多々あります。

★すると電車の中でものを食うという事が迷惑をかけるなどとは思ってもいない世代がほとんどになってきたのでしょうか。

★昼の仕事がぎりぎりで終わり、稽古場へ急いで行く時、どうにもならず、コンビニで握り飯とお茶を買い、夜陰に紛れて、隠しながら、歩きつつどうしようもなくおにぎりを食べることが、年に3,4回はあります。

★恥ずかしいが仕方のないことと思います。稽古場で休憩時間以外物を食べるのを良しとしない世代だからです。

★マナーもさることながら、人は耳と鼻に蓋は出来ません。だから電車の中で大声で話したり、化粧をしたり物を食べたりして、周りに迷惑をかけることを誰がどんな時に教え諭してやるべきなのか。分かりません。

★こうしたことを考えると次世代には暗然たる気持ちを持つことがあります。

★若年層の売春とかラインやスマホで大人と知り合い簡単に躰を投げ出す若者や、逆に簡単に殺してしまう未熟な大人や若者がふえてくるのも、あながちこういうささやかな事と関係があるのではないかと思ってしまいます。

★「一事が万事」という言葉もありますから・・・・

★本日これまで。お休みベイビー!また明日。

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード