スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士尽くしその2

富士16日

★我が家のベランダから見た日没直後の富士本の少しアップ気味です。
富士のアップ

★大アップの富士です。
富士の夕なずみ

★こちらも夕暮れの富士です。

富士川の鉄橋から

★絶景ポイント富士川の鉄橋からの富士の眺め。
夕景富士A

★夕景の富士。
雲の下の富士

★雲の下の富士1月17日です。アップ気味。
市民総合体育館

★そして本日(17日)電車に乗り継ぎ、比較的近くの温水の市民プールへ行きました。何とか自力で右膝を治す為、25メータープールの中を歩いての往復です。

★係員は大変丁寧親切に初心者の私に教えてくれたのですが、駅からそこへ至る道に看板がなく、HPには地図も載っていないという有様。お蔭で、迷い、片足を引きずりながら300米程余計に歩いてしまいました。

★いつも思うのですが、駅の乗り換えとか、市の会館などは場所を知り尽くしている地元の為ではなく、時に遠くから訪れた人達の為に看板や、乗り換えの放送はあるべきで、毎日通っていたり、地元で地図を知り尽くしている人には必要のないことが、何故分からないのか?

★或いは、片方しか予算の無い駅で、どうして昇りのエスカレーターを作って、下りを二の次にするのか?足腰の悪い人にとってきついのはのぼりではなく下りの階段だという常識がわからないのか?

★誤った常識で利用者の身にならないことが固定化され改善されないのか?いつも不思議に思います。

★さて、プールは水温30.度室温31℃とありましたが、水の中を歩くにはやや寒く、何回か往復で歩きました。そしてほんの少し泳いでみたら、すぐに足がつりそうになり、得意なはずなのに、20年も泳いでいないと、躯の衰えに愕然としました。

★なるほどプールは本来歩くところではなく、泳ぐところなので、そんなに気温水温を上げる訳にはいかないのでしょう。

★この真冬のド真ん中で水泳療法を始めようというのも、狂気の沙汰かも知れないのですが、何とか春までに右膝を治して稽古に臨みたい一心なのです。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。
スポンサーサイト

theme : ひとりごと
genre : 日記

新年の富士尽くし

2017初日の出TV画面より

★写真は2017年の初日の出の富士山です。山梨側からの絵。残念ながらTVから撮りました。

車窓からの富士

★新幹線の車窓からの富士です。

雪富士2

★我が家のベランダから臨む富士をカメラのアップです。

昼富士B

★同じく我が家からの富士ややアップです。生まれは東京ですが、小3から高3まで過ごした静岡では、角度こそ逆ですが、慣れ親しんできた富士なので、家賃が高くてもなかなかこの富士の見える処から、引っ越しの決意が鈍ります。

頭を雲の上に

★これも新幹線から見えた富士です。

★本日これまで。富士尽くしその1でした。お休みベィビー!また明日。

theme : 写真日記
genre : 日記

新しい年が来た

大晦日の富士

★写真は今年大晦日の富士山です。天に三日月が丁度かかってい

★紅白歌合戦を見て(なんでそんな下らない物を見るのかには訳があるのですが、それはこのブログの昨年か一昨年の大晦日を見てください)さて、2017年の年が明けました。

★それでは今年は写真づくしでいってみたいと思います。

観察する演出

★写真1観察する演出

書き直す演出

★写真2何かを書き込む演出

指さす演出

★写真3指さす演出

不満だらけの演出

★そして・・・・

怒鳴る演出

★爆発する演出。

★と言った具合に演出していきたいのですが、これは演出して造ったもので。

★実は本当は、稽古を手を叩いて止めて・・・・稽古場の役者が演じている処へ動いて出て行って、手振り、身振りで演出をする演出者なので、早く右膝と、尻の骨の骨折を治してこの写真とは違う演出をしていきたいと思います。

★皆さまおめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。

theme : 謹賀新年
genre : 日記

今年も終わるか・・・・

富士

★写真は我が家のベランダから撮って拡大した、夕陽の沈む富士です。

★さて、風邪で怠く熱っぽい中、今年最後の右膝のリハビリに三鷹台の整形外科へ行きました。

★12月14日の赤穂浪士の討ち入りの日に、さる公共施設へライブと言うかシヨーを観に行き、ほんのちょっと開演に遅れて、誘導灯のない真っ暗な入口の扉の横の倉庫に迷い込み。

★全く光のない暗闇の中で、重ねてあった折りたたみ椅子の束に躓き、転げて2度したたかに腰と言うか尻を打って。

★5年以上前、雪の降った次の日に凍った道で見事に転び、以来2年程痛みがひかなかったのに症状が似ていたので、骨にヒビでも入っているのかなーと思っていたら。

★案の定と言うか、それ以上で、レントゲンを撮ってもらったら、骨にひびどころか骨折していて、それもよく見ると、随分隙間が太い線が映っていて、「アーあ、やっぱりやってしまったか」と思ったのでした。

★どうりで、痛いわけで、場所が場所だけに、ギブスと言うわけにもいかず、安静にして、様子を見て、年明けに又レントゲンで更に詳しく調べるしか手がないようなのであります。

★右腕の肘も痛いのでレントゲン撮ったら、こっちは骨折ではなく、何かの変形なのかよく分からない様で、結論は持ち越しとなった。

★尻を安静にしてと言っても、騎乗位でセックスをしないという他に安静の仕方などないし、第一騎乗位も何もそんな相手も機会もなく暮れていく年の暮れで。

★風邪ひいて、薬は飲めず、右膝と尻の痛みに打ち震えつつ年を越す。

★これだけ最悪の凶事があれば、来年はきっといい年になるとしか思えなくて・・・・そんな年の瀬であります。

★そのため今年は大分年賀状が遅れます。

★もう一つ、尻の骨骨折の為、硬い椅子での観劇は当分の間お断りしますという告知をしておきます。

★勿論フカフカの椅子の劇場での芝居や映画の鑑賞は安静の裡に入ると思うので一緒に行ってくれる女の人は大歓迎です。それ以外はすみませんが、ご遠慮させてください。という言い訳が出来るのが嬉しい・・・・、

★まあ、皆さんあんまり心配しないでください。結構しぶといし、未だまだ、こんなことでは、くたばらないので!

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。


theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

イブの夜は

柚木教会

★写真は八王子柚木教会のクリスマスです。

★さて、皆様にご心配をかけ風邪を押して、尻の骨と右膝の痛みを曳きづって、多摩川上水~モノレールに乗り換えて多摩センターから京王線で京王堀之内へ。

★年に一度のクリスマスイブの柚木教会の礼拝に、家人と行ってきました。

★牧師先生の奥様であるR先生も、昨日の小生のFBを見て「今年は無理だろうな」と思ってらっしゃったとか、大変ご心配をかけました。

★それにしても本当に素晴らしいクリスマスの礼拝でした。

★メキシコから首都大学へ単身赴任しているメキシコ人の教授の御一家が、7年ぶりに3人のお子様と奥様が来ていて、讃美歌をそのお父さん教授のギター伴奏で17歳と15歳の御嬢さんが歌ったり。

★恒例の二期会の歌手でもある音楽監督の方の素晴らしい声量の「アベ・マリア」や、風邪気味でお声が少しかれてはいたが、世界の平和と慈しみの心のこもった牧師先生の説教。

★聖歌隊の方々の素敵な讃美歌と、いつ来ても心の洗われるような一時でした。

★この教会は八王子の別所に住んでいた頃、牧師さんご夫婦に大変お世話になり、忘れる事の出来ない教会なのです。

★当時は本当にラジオやテレビの脚本の仕事が忙しく、忙しいことからのストレスで生活が荒れ放題と、随分家人にも迷惑をかけました。

★別に罪滅ぼしではないのですが、一昨年本番前の稽古と被った以外クリスマスイブは、何としても年に一度は夫婦でこの教会の礼拝に来るようにしています。

★思えば、深川の小さなお稲荷さんの境内から、まるで軟式テニスのボールよりやわらかで小さな黒い子猫のアビを、家人が拾って来たのも、この近くの八王子の別所に住んでいた頃でした。

★あれから幾星霜、子猫のアビも昨年私たちの年を越して、まるで子猫のままの様に可愛いのに先に逝ってしまい・・・・そんなことを思い出しながら礼拝の後、食事をして、はるばる自宅に帰り着くともうイブも終わってクリスマス当日になっていました。

★でも、こうして一年に一度(インチキクリスチャンではありますが、イスラエルのヨルダン川で洗礼を受けた身としては)イブの礼拝に出られたことを感謝しました。

多摩センターのイルミネーション

★多摩センターのイルミネーションを見て、今年もカップルだらけのモノレールに乗ると、何かクリスマスはやはり何かのイベントの様で、キリストの生誕を祝う事とイベントは、愛というキーワードでつながるのかもしれないけれど・・・・何かまったく違う愛の様で、ま、どうでもいいか?

★満身創痍とはいえ、生きてる気持ちを強く感じる事の出来た一日でした。

★本日これまで。感謝をこめて、お休みベィビー!また明日。

theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。