やっと春が来た

富士と桜

写真は4月12日朝、睡眠がうまく取れず起きてしまい、幸運な事に桜の満開のずっと上にくっきりと富士の姿が、見えました。

★こんな事はめったになく、昨日吹き荒れた低気圧の雨が雲を吹き払ってくれて、ほとんど冬しか見えない富士山ががくっきりとわが家のベランダから見えたのです。

★昼間も比較的温かく、六本木へ「脚本家ニュース」の編集に寝不足ながら行きました。日本脚本家連盟の広報の編集部には新しい作家のAさんという女性が入り、いっぺんに華やかな感じになりました。

★午後からは北風がきつかったけれど、「なんとか一冬を超えて生き延びた」と言うのが実感です。

★「この夏を、果して乗り切れるだろうか」と言う心配の前の、短い春の2か月半程を思い切り楽しみたいものです。

★そういえば、さんまの出ているバラィティーで、腰とか膝の痛みなどが慢性化するということは、脳の方が痛みを覚えてしまい、かえって誤ってその痛いカ所に信号を送るという事を言っていました。

★バライテイーとテレビなので二重にあてにはならないが。

★姿見の前で双眼鏡で痛い膝を覗いて大きく見たり、双眼鏡のレンズをを逆さにして小さく覗いたりすると治るというウソかホントか分からんことも言っておりました。やってみたけどこれはうーんどうか?

★だが一番の特効薬は好きな女の子と話したり、過ごしたりすると痛みを忘れるという事。此れだけは心当たりもあるようなので、更に実行しようと思った次第です。(何時まで経っても強欲な助平おやじで困ったものです)

★古女房ではこれはあまり効果がないように思えます。なにしろ愛とか恋とかの段階は遥か以前に去ってしまい、お互いにずれて来た人生をどう折り合いをつけるかという事ばかりなので、痛みの治療にはなりません。いや、もちろん私どもに限ってのことですが。

★こう書くと、たまにこのブログは家人が覗く可能性もあるので、おこられても、しこられても(こんな言葉有るか?)こまるので、本当に古女房には感謝してやまないのです。と書いておきます。

★さて、とにかく「海のダイアモンド」―嗚呼軍艦島ーを書き上げなければならないので必死であります。そして又書いている時が劇作家は一番孤独なのだという事は書いたことの無い人には分からないので、今夜も孤独の海の底をさまよっています。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。
スポンサーサイト

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

壊れし物よ

旧洗濯機

★写真は我が家の壊れた洗濯機です。

★2003年制とあるから14年よく頑張ったというべきか、3日前に洗濯機のホースがが壊れ漏水しだしたのです。

★逆さにしてみると、下の鉄板も削げ落ちていて、やむなく月賦で(古いね言い方がローンて言えよ)買い換えました。

洗濯器新

★こっちが新人君で電気屋さんに言わせると、以前より全体にひ弱になっていると・・・・まあ、使ってみなければわかりません。

★2003年と書いた途端、2000年の暮れに深川の小さなお稲荷さんの処から家人と共にやってきて、2015年5月2日にひっそりと亡くなった我が家のアビを思い出して思わず涙ぐんでしまいました。こっちも14歳と何か月でした。

アビs三角帽子

★電化製品はどうしてかほぼ一斉に壊れだし、古い書斎のクーラーも冷房はもはや怪しげで、パソコンのウィンドウズのビスタが、4月10日でネツト接続終わりだと中身をHDに移行している最中に一気に怪しくなりました。

★桜は満開なのに、寄る年波の所為か、ものの哀ればかりを感じる今日この頃です。

★景気が良くないので、夜桜で閉めます。

夜桜近所の


★本当は昼の花見は酒を飲んでいると、聞こえないという事があります。「何がって?」それは桜の花びらの周りを鳴きながら飛ぶ小鳥たちの声です。

★可愛くも実に元気な鳥たちの声を聴きながら桜を見ると、一層桜の花の美しさが引き立つのです。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

今年の櫻

空からの櫻

★写真はドローンからの映像ではありません。わが家11階から見た桜です。

★さて、3月末には40数名の方からFBに誕生日のお祝いの言葉を頂き、ただ恐縮するのと、この年まで恥をさらして生きて来たことにいささかの悔いの残る複雑な心境でした。

★小生若い頃は随分とネガテイーブで突っ張っていて、絶対30歳までには死ぬ。薄汚い大人にはならないと、あたりかまわず広言していたので、「それが何?74だと?どれだけ汚ねえんだ」と言われそうで何ともむず痒く頭をひたすら下げる日々です。

★それでも期が変わると、気が変わるような気がして、何かのお役にたてばと「日本放送作家協会」では、この4月から脚本家の養成講座の通信教育を始めたり、「テレビ朝日アスク」では放送作家講座の講義を担当したりと老骨に鞭打っております。

★興味のある方は各々のHPへアクセスしてみてください。

★昨日は膝と腕の肘の治療の後、整形外科の近くの井之頭公園に行きぐるーっと廻って桜と人を見物してきました。

井之頭公園の桜

★この公園の池のボートに乗るカップルは必ず別れるという伝説があって、(それは池の神様が弁天さんなので特に女の人に嫉妬をするのだという言い伝えが有るのに、)随分多くのカップルがボートやスワンボートに乗っていました。

★帰ってきて忘れてしまったので家人に「俺達井之頭の池でボートに乗ったっけ?」と聞くと「乗ったんじゃない」という答え。

★付き合い始めてから50年を越すのに、未だ一緒に居るのだから、やはりそれは都市伝説なのだとも思い。いや、このところ妖しい雲行きなので、やっぱりアブねえか?とつぶやくような具合です。

★さて、本気の本業は芝居造りで、現在「海のダイヤモンド」-嗚呼、軍艦島ーを必死になって執筆中で有ります。

★傑作中の傑作に成ると思いますので、(何を根拠に?)男女とも、役者の方是非参加してください。待っています。

★勉強してスタッフに加わってみたいという方も常事募集しておりますので、劇団ギルドG.Cまでお問い合わせください。

★残り少ない日々(おめえだけじゃねえかなんて言うな、何時北朝鮮が日本を爆撃してくるかもしれないのに)芝居をやって一緒に楽しみましょう。

★明日はまた心臓の検診で別の医者へ早起きして行かねばならんので、本日これまで。お休みベィビー!また明日。

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

軍艦島の講座イベント

酒井透さんの講座

軍艦島の太陽

★写真は酒井 透さんの講座と、撮られた軍艦島の朝日の、パワーポイントのスクリーンです。

★本日友人の高崎さんの紹介で、軍艦島の遊郭に関する講座イベントに行ってきました。

★永田町の某ビルで行われカストリ出版の主催、写真家の酒井 透さんが数々のスライドを使いながらの講座があり、本やビデオでは知ることの出来なかった貴重な話を聞く事が出来、現在書いている「海のダイヤモンド」ー嗚呼、軍艦島-で、大変参考になった。

★また数々の疑問も質問等をして解けたのだけれど、逆に数々の謎も抱えてしまった。

★まあ、芝居はあくまでもフィクションで(もっとも歴史的事項も50年以上経つと、それ自体が限りなくフィクションに近づくのだけれど)事実とは違うけれど、その時のテンスとSFを書こうというのではないので、当時生きていたであろう人間と或いは想像の範囲に有り得るリアルな或いはファンタジーな人間を書いて行かねばならない。

★芝居として書くか書かないかは別にして、軍艦島の歴史や当時の社会状況をきっちりとおさえた上で、登場人物を生かしていく。(今、変換してトジョウジンブツで変換すると登城人物としか出てこない。これは辞書を作る人間の芝居知らずで、芝居の場合トウジョウジンブツとは言わない。役者はトジョウするので、登場するは間違いである―余談)

★余談ついでに言うともう何回も言っている事だが芝居を、何十年もやっているスタッフや役者も明転(メイテン等と言う)処からこれはパソコンの変換辞書を作る側の人の無知なのである。

★芝居に暗転(アンテン)はあってもメイテンはありえない。此れは正確に言えば明転=アカテンであり、語源は歌舞伎から来ている。明るい間に道具を転換するという意味である。では暗転で転換した後のト書きは何と書くか?、灯りがつくと書くべきなのた。

★その他幕間も往々にして、マクマ等と言っている者がいまだにいる。事程左様に芝居にたいする認知度は低いし、世の識者?は芝居に対して無知である。

★話は限りなく横にそれたが、とにかく素晴らしい公演イベントだった。

★講座をしたカメラマンの酒井 透さんのすごさは「写真撮っても、途中で質問してもなんでもいいですよ」と言って講座が始まったことだ。

★この懐の深さには感心した。日本の美術館などは写真禁止がほとんどで、イギリスの大英博物館などは小生が行った時は写真はミイラの写真であろうと何を撮ってもOKだった。

★この大らかさは著作権の問題とは別に考えていかなければならない問題だと思う。

★ともかく素晴らし講座で、更に小生の軍艦島の芝居への想像は深化した・・・・と思う。乞ご期待であります。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

凄い芝居を観た

天現寺歩道橋から

★写真は広尾天現寺の歩道橋の上からの夕暮れ。

★この歩道橋は美濃部都政の置き土産なのか知らないが、膝等痛い者にとっては地獄の階段が続いている。

★もっとも帰りに、かなり離れた場所に信号のついた横断歩道を渡る方に教えていただいたけれど、そこまでが遠すぎる。

★さて、そんな愚痴を書きたいわけではなく、本日恵比寿のテアトロジャージャンで観た桃井章作・演出の「歌う女」-M家の人々Ⅲーがあまりにも凄い芝居だったので、それを書く。

★例によって桃井さん本人の祖母へのオマージュと深い掘り下げをテーマにした1時間15分ほどの芝居だけれど、これが神がかり的に凄いのである。

★ネタバレするので一切書かないが、リアリズム演劇で有りながら、手法の中にシュールな方法を用いて、しかも計算ずくではなく、まるで偶然のように仕掛けてある芝居だ。

★もう、55年程随分様々な芝居を観ているが、これほど、驚き、心震えた芝居は無かったように思う。

★役者も水沢 有美さんの可憐な色気と、初めて見た桑原なおさんの匂いたつようなエロティシズム、大塚みどりさんの軸のブレない太書きな人物像、ちらっと出る岸本敏伸さんの自然な演技が相まって、20人程しか入らない空間に不思議に幻想的、エロチックで神秘的な時間と空間を構築していた。

★彼のブログで知って昨年暮れに倒れた桃井さんの容体を心配していたが、退院して、わずか2か月半でこんな素晴らしい芝居が造れるとは何とも驚きである。

★芝居は何にも増して、生きる事の特効薬なのだと、昨日胸痛の為、病院まで行き心電図を撮った(異常はなかったが、小生としては手術してから2年半ぶりに、かなり異常だった)そのわたしが思うのだから間違いない。

★残念ながらこの芝居、20日までで、、20日は満席だという。明日19日は13時と18時の二回公演があるので、興味のある方は090-9964-2231に電話をしてもみてください。

★3000円です。HPはhttp://jerjan-hiroo4f.jimdo.com/テアトロジャージャンまでアクセスしてみてください。

★基本的に人の芝居をここまで、宣伝することはないのだけれど、素敵ですさまじい芝居です。

★人の芝居はともかく、自分の「海のダイヤモンド」-嗚呼、軍艦島-を頑張って書き進めなくてはと思う時々、それにしても義理ある観劇スケジュール多過ぎねえ?

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。




theme : つぶやき
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード