FC2ブログ

08/04のツイートまとめ

takaya430326

諫早図書館で、先月29日シナリオ講座をやりました。平成13年から、故市川森一さんが企画した講座で、小生も約10年講師をしています。参加者が書いたシナリオを直して、2月に15分のオーデオドラマを作るという珍しい講座で、今回は小松與志子さんと2組に分かれてやり、皆さんの熱意に感謝です。 https://t.co/0LLRLXrxTu
08-04 18:58

スポンサーサイト

台風に追われて

桜島

★写真は桜島です。

★7月29日(日)諫早図書館の講座を無事終えて、諫早から新鳥栖経由九州新幹線で一路鹿児島中央駅へ。

★繁華街天文館の中にあるホテルに夜着きました。逆流台風が九州北部から鹿児島へ小生を追いかけてきています。

★雨の中とりあえずコンビニで弁当を買い、ホテルで食べてこの日は早めに寝ました。

★翌日天気は曇天、桜島の見える処までバスで行きましたが、雲がかかり島は旨く見えません。

★「わが胸の燃ゆる思いに比ぶれば、煙も薄し桜島山」誰の歌かは知りませんが、記憶の底から湧き上がってきました。

★しかし、残念なことに台風の余波で桜島は半分しか見えません。

★75歳にして小生、日本中で訪れたことの無い県は、鹿児島と鳥取と沖縄の3県だけなので、今回機会あって鹿児島に寄ってみたものの、残念!

鹿児島水族館

★雨模様なので海の近くにあった水族館でジンベイザメに会って、博多へ戻りました。

★翌日は高速ジェットで壱岐の島へ渡ります。

★本日これまで。お休みベィビー、また明日。

theme : 旅行記
genre : 日記

あいさつ当番て何?

あじさい1

★写真はアジサイです。

★大阪高槻市の近くの方お見舞い申し上げます。

★昨年夏、高槻市駅の傍の「生命誌博物館」へ寄ったばかりなので、本当に心配です。古い物と新しい物の融合した良い街でした。

★道を尋ねても皆さん優しく教えてくださいました。一日も早い復興を祈っています。

★ただ、子供がいないので、あいさつ当番というのが、気になっています。

★ブロック塀が建築基準法に適合していなかったという事ですが、下敷きになった女の子は、あいさつ当番の為に一人で皆より早く登校したと聞きます。

★集団登校している時に地震が来れば、更に大変な事になったと思いますが、近頃の子供達は挨拶が出来ないので、あいさつ当番を設けて、交替でやっていたということを聞きました。

★昔の事を言えば、ジジイ黙っていろ!昔とは違うとなりますが、我々の子供の頃は別に集団登校もしなかったし、雨でも5人兄弟の長男までは傘が買ってもらえなかったので、雨が降れば走って15分ほどの距離を学校へ行きました。

★びしょ濡れになったけど、風邪もひきませんでした。

★第一終戦後で、保育園や幼稚園は特権階級の一部の者しか行けなかったので、何となく羨ましかったが、いきなり小学校でした。

★今、たまたま夕方、近所の小学校の鉄の門の近くを通ると、どでかいワゴン車が次々出てくるので、何事かと思うと、生徒の帰りの迎えの父兄の車です。

★もう一度言います。昔と今は違うと言っても、昔も変な人や、それこそ危ない人等野放しでした。

★親は忙しくて、子供の世話などついぞしてもらったこともありません。先生にはビンタをもらう。縛られてお茶をぶっかけられたりしました。

★でも、一生懸命働く親の背中を見て育ち、挨拶もできたし、知らない人に親切にしてもらえば、人にありがとうもいい、色々な交通事故的な危険や、プールで、高飛び込みをして死にかけたりして、もっとともっと危険と背中合わせで、何とか75歳まで、生きてきました。

★貧乏で悲しいことばかりの中で育ったので、子供が殺されたり、事故で死んだりすると本当に悲しく、悔しくなります。

★偉そうに言えば、何も出来てはいないけれど、せめて貧しい子供を救いたいが為に物書きになったように思っています。

★本当にあいさつ当番は必要なんですか?

★そして今、道徳の授業があり、無信仰な国なのに、道徳には常に一つの正解があるという。お母さんが車で子供達を送り迎えに来る。こんなんで、過保護でたくましく、礼儀正しい子供は本当に育つのでしょうか?

★もう一度聞きますが、あいさつ当番って本当に必要だったんですか?

★もしもはいつも虚しいが、皆で登校していれば、誰かの知恵で、とっさにブロック塀から逃げられたかもしれないと思ってしまいます。

★行政もずさんだが、それ以上に本当に子どもの為を、大人は思っているのかと疑ってしまいます。

★もういいです。支離滅裂です。小生も。

★本日これまで。お休みベィビー!また気が向いたら。



theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

歴史は塗り増して

曇天天使の梯子

★写真はちょっと迫力の足りない天使の梯子です。

★この処事件やら事故が連日のように重なり、前の事件は次の新しい事件で塗りつぶし、塗り替えてマスコミはどんどん進んでいく。

★何が悲しいと言って、幼児虐待、殺人程悲しくも救いのない事件は他にない。

★覚えたての言葉で鬼のような親にあやまる少女の痛々しさには言葉もない。

★なんと言葉は無力なのかと思ってしまう。

★ネットでは、虐待に関して、相談したり、幼児を預かる施設などに抗議が殺到しているという事だが、とんでもないとばっちりだ。

★問題は親となる資格のない者が親になったり、幼児を虐待して殺すような人間を育ててしまったわれわれ大人と、社会全体の問題で、いじめを始めとして、そうした問題に何の対応もしてこなかった政府の問題ではないのだろうか?

★とこういう事を書くとまた反論が来るので、この辺で止めておく。

★言葉でうけた悲しみは言葉で復讐するしかない。それがせめて物書きの宿命だと思いたい。

★さて、FB仲間でイタリアに住む同期の友人Tさんから、指圧のツボを教えていただき、試したところ、夜3,4回トイレに起きていたのが、奇跡のように1・2回に減り、たったそれだけの事で、こんなにも快適な昼間を迎えられるのかと感謝をしている。

★だからネツトの繋がりも海を越えて良いこともある。反対に救いのない犯罪にも使われるネット。

★こうした正反対の海の中を我々は漂っているのだという認識は忘れてはならない。

★話変わって今は医者からもらった睡眠誘導薬を半分に減らし、3日程前からは、薬なしと闘っている。

★すると、やはり、寝る時間が3時~更に5時6時と遅くなっていく。翌日早く人との約束の無い日は良いが、睡眠4,5時間では心臓の方が持たない。

★けれども自力で薬を減らす方へ頑張らねば、どうにもならないので、頑張る。

★勿論命も惜しいが、書きたいことが山ほどあるので、それを果すまで、もう少し時間が欲しいというのが、本音だ。

★世界が変わりつつあるという意見と、全く変わらんよという観測の2局の中に雨が降りしきる今年の梅雨。

★世界はどっちへ行く?★おめえには関係ないなんて言うな!

★本日これまで。お休みベィビー、また気が向いたら。

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

勝つという事

皐月の夜空
★写真はこの前の十五夜の折の夜空です。中天に小さく月が見えます。

★もう、20年以上ギャンブルはやっていないが、久しぶりにダービーをTVで見た。

★福永祐一が19年ぶりの挑戦で勝ちダービージョッキーになった。馬の名はワグネリアン。

★この頃日大のアメリカンフットボールの反則について世間は喧しい。

★学生を守らない学校当局や、監督コーチの体質に問題があるのは確かだし。

★名前を晒して謝罪した日大の生徒は立派だった。

★そこに集まったマスコミの誘導尋問的無神経な質問や、弁護士がアップの撮影は止めてくれというのに、容赦なく謝罪する生徒に向けてのアップ撮影。

★これらは言語道断だし、清く詳しく謝罪した生徒には涙が流れた。でも、彼の人生にはやがて間違いなく光が差してくる。

★だが、この問題の本質は、スポーツはすべからく勝たねば意味がないという、マスコミを初めとする世論全体の方向性に問題があるのではないのか?

★例えばオリンピック、銅よりは銀、銀より何としても金メダルという考え方がいつものことながら、おかしい。

★スポーツとはなんなのか?

★「勝者には何もやるな!」という言葉があるように、勝ちがあれば、其の何十倍の負けがあり、其の両者があってこそ、のスポーツである。

★勝ち負けの勝負とは、戦争を疑似体験させるかのような事なのか?

★違うだろう。ルールにのっとって正々堂々と戦い、勝負の優劣を決めるという事だろう。

★であれば、冒頭に戻るが、18年間、1年1回のダービーに期待され負け続けた福永祐一の方に、より其の人生の深みと重みが有るはずだ。

★人生はこの年まで来るとわかるが、ほとんどが勝ち負けでいえば負けばかりが続く。だけど人はその負けをどうしのぎ、どう立ち直るのかと言う事と常に戦っているのである。

★負けるという事に学ばない人生には何もない。

★勿論あの天才と言われた福永洋一がダービージョッキーにはなれす、無念の落馬によって騎手人生を止めて、その子祐一がやっとなしとけた勝利は大いにたたえたい。しかしながらその勝利の陰には18回の負けという挫折が有ったのである。

★そのことは、彼の力であり、人間としての誇りなのだ。それあればこそ、勝利の女神はほほえむ。

★姑息な卑怯な事までして、勝つという事に何の価値もない。

★そして、スポーツだけならいいが、嘘の上塗りを立法の府の長がやり続けているのだから、もっとあきれる。

★そっちの報道に時間をもっとさけよ。ま、野党もだらしないので、アナーキストまがいの小生としては、何とも言えないが。

★本日これまで。お休みベィビー!また気が向いたら。












theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード