FC2ブログ

立春・改正特措法・改正感染症法・施行さる。


空
★写真は多摩地方の空です。

★さて、2021年無事に立春になり、本日改正特別措置法と改正感染症法が無事国会を通過しました。

★昔はTVのニュースを3っつも録画して、時間がもったいないので、時短にして約1時間で観て、、だぶるニュースは飛ばして各局の様子をディテラシィしていたのですが、最近は各局数字ばかりを羅列して、コロナのミクロの穴に入ってしまったので、見ているとコチラがノイローゼになってしまうので、あまり見ていません。

★したがつてこの情報は間違っているかもしれませんが、今日成立した法律では、コロナ患者の受け入れを何回もたらいまわしにしたりした行政の長は懲役1年。たらいまわしもしくは、入院をちゃんとさせずに死亡させた行政の長は懲役2年。適切な施設を造らず、コロナ患者を死に追いやった、行政の長は懲役3年といった法律のようです。

★さしあたり、各県や道・府・都の長・厚生労働大臣・政府官僚・首相は適切な医療施設を造らないために、尊い命を奪ったのですから、この法律は大変立派な法律と思います。

★当然のことながらこの法律の良いところは、医療関係者・救急隊員には一切その責任は問われないというところです。

★これで、なんとなく憂鬱で、ストレスばかりのコロナ対策が多少なりとも進歩して、明るい未来が見通せるというものです。

★やはり日本の立法・行政の府は立派なものです。立派な法律を作るものです。

★わたしたちはにほんとうにいい国に生まれ育ったよかった1!!


★えっ?違う?そんな法律じゃないって?

★本当に?

★失礼しました。


★最近テレビをあんまり見ていないもんで、ごめんなさい。

★やっぱり天災を人災にする法律を次々に作る国だったんだ、がっかり。

★ニュースちゃんと見ます。スポーツの前に、ほんの一言、どうでもいいように、ミャンマーでクーデターがありましたというような、TVのニュースを。

★本日これまで。お休みベィビー!また気が向いたら。
スポンサーサイト



theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

01/07のツイートまとめ

takaya430326

RT @_miwa_akihiro: ずっと幸せでいる方法がたったひとつあるとしたら、それは感謝する心を忘れないことです。食事がおいしくいただけること、好きな人に会えること、生きていられること。なんでもよいから、感謝する心があれば、自前でいつでも、いくらでも幸せを調達できます。
01-07 17:23

夜干しに思うこと

狭山湖からの富士

★写真は狭山湖から昨秋の富士です。

★もう東京のコロナ陽性者は2000人を超えて、中途半端な緊急事態宣言にはあきれて、物も言えない。

★飲食インショクと言うが、俺は怪しいと思ってるのは、スーパーや店で売られているくだものや野菜、さしみや、お惣菜、その他口に入るものは大丈夫なのか?

★食べ物は口に入って食道から胃に入ると、強烈な胃酸でコロナのヴィールスは死ぬとして、生産者から問屋、問屋から店、店から各家庭に運ばれるまでにウィールス張り切ってんじゃないの?

★だっておかしいだろう、家庭内感染がふえているというが、そもそも家庭に運んでくる者がいなければ、家庭の中で感染なんかしない。

★一般的に言って、外で働く者が持ち帰るか、スーパー等店の買い物から、持ち込むか、子供が学校から持ち込むかしなければ、家庭内感染なんて言う言葉は存在しない。

★食品の運搬がコロナの元凶なんて言ったら、パニックになるから、隠しているのか?

★とにかく隠蔽体質の政府と、自分の関連医務機関に利益誘導しているO会長の言う事は信じられないし、何もしない小池の説教には聞き飽きた。

★こういう連中は、スナックやバーに食材を届けているのに特化してる農家や、おしぼりや花を届けている業者や、そうした関連の業者一切に想像力は届かない。

★芝居でいえば、それを中止にすれば、そこで生活している照明・音響・舞台監督やバイトをしながら舞台に立っている俳優への想像力は全くないんだな。

★いいか、テレビや映画に出ている奴らだけが芸人や俳優じゃねえぞ、その何百倍の、数えきれない程の人間が、この文化というか娯楽というか芸術というか、何にしろそういう事一切に貧しく、無視の様な対応しかできない国を嘆く!怒る!そして悲しみのどん底へ行く。

★さあ、おふくろが「夜干しは葬儀のあった家しかしないのよ、夜干しやめなさい」と家人によく言っていたが、やんわりと断って、
彼女は洗濯物の夜干しをやっていた。だって、朝早くおきて、勤めに出で、夜遅く帰ってきて、夕食を造る者がいつ洗濯をするんだ。夜しかないだろう。

★今ヴィールスに勝つにはアルコールとマスクと、洗濯の繰り返ししきゃ出来ないだろう。

★洗濯は倍くらいになって、昼小生が2度やって干しても、夜もう一回やらないと追いつかない。2人家族でだよ。

★繊維は今までにない回数の洗濯でくたくたになってる。リビングのサイトセテーブルにはアルコール除菌薬と除菌ティッシュとマスクであふれている。

★亡くなったお袋には悪いが、不吉だろうと何だろうとろ、夜干しをして、洗濯でベランダを溢れさす以外に我々のやり方はないのか?

★本当にそれ以外ないのか?

★お休みベィビー、また気が向いたら。


theme : 思ったこと・感じたこと
genre : 日記

年頭に思う事

さくら草2

★写真は我が家で年を越したさくら草です。

★さて、本来なら新年のお祝詞をまず申し述べる処ですが、昨年11月に家人の妹が長い闘病の末亡くなりました。

★義理の妹とは、若い頃家を出た家人と色々の因縁もあり、小生としては迷惑をおかけしたという思いもあるので、仏教徒ではありませんが、喪中という事でお祝詞は遠慮させていただきます。

★本年も日本でおそらく一番少なく、、一番熱く見守って下さるこのブログの読者の方々に、

     本年もよろしくお願いいたします。

★さて、つらつら読み返してみると、(最近認知症の先ぶれなのか、暫く前の事をすっかり忘れる事の多い昨今です)本当にマイナーな事ばかりよく書けたなと思ってしまいます。

★そこで今年も順調に年を取り、大晦日にまた亡くなった同窓生の報もあり(ご冥福をお祈り申し上げます)、今小生はどうなのかという事を少し書きます。

★今は本当に幸せです。例えば毎日風呂に入れる幸せ。暖房の聞いた部屋でPCにこうして言葉を述べられる幸せ。

★こんなとんでもなく自分勝手で稼ぎもない小生に、54年も付き添い、家を捨ててまで、しがらんでくれている家人(家人とは逆説で、74歳でまだ週3日外へ働きに出ています。)がいて。

★ホームレスになることもなく、色々な病気をかかえてはいるものの、信じられないほどの元気さで、あまり意味もなく吠えてばかりいて、生きていること。

★そこそこ書いたラジオドラマで、お国から芸術祭の大賞や、記者会のギャラクシー賞の奨励賞を三谷幸喜と分け合い。喜劇の時代なのでに悲劇を描いた小生は奨励賞どまりで、喜劇の時代なので(そう思い込んでいるのは本人ばかり)その年の大賞を高い谷より三つの谷に持っていかれたり。

★ちょっと自慢みたいで嫌味ですか?はっきり言って自慢です。

★では30歳の時今から47年前、初めて小生の書いたラジオドラマが、NHKで放送された時の話をしましょう。

★今は亡き無口な父が、大喜びして、借金をしている相手の知り合いにも、「今度せがれの書いたラジオドラマが放送されるんです。NHKです」等と電話口で嬉しそうに話していたのを思い出します。

★そして、その初めての放送後いただいたギャラで、脚本家の卵としてスタートしたからには、筆箱ぐらい持たないとなーと文房具屋へ行ったのです。

★子供の頃セルロイドの筆箱を持っていて、ふたが割れて、それを買い替える事等とんでもない経済状態だったので、心の中で
「でも、筆箱は高いからなー」と思っていたのです。

★店の人に「これいくらですか?」とチャックのついた黒い筆箱を手に取り聞くと「600円です」との答えをきき、小生卒倒するかと思いました。

★600円?子供の頃は物価が半分としても2,300円?それが買えずにいじめられたり、当時セロテープなどはなく絆創膏を蓋にはり、からかわれていたのかと思い。唖然としたのです。

★当時多分記憶に間違いなければラジオドラマ40分物、1本書いてギャラは3万5千円くらいだったと思います。

★それでも、筆箱を買うという贅沢をしていいのだろうかと思い。手に取って店員に「これいくらですか」と聞いたのです。

★ことほど左様に幸せとは個人差があり、貧乏に育ったゆえに初めてのギャラで買えた筆箱は、至高の幸せでした。

★当たり前に壊れた筆箱を親から買えてもらっていた人には、絶対に味わえないことです。

★またあの観光地で有名な羽衣の松がある清水の三保の東海大学の寮に、叔父の世話で居候していたころは、風呂を借りることまでは出来ず。週に例えば一回5人兄弟なので、一人はお留守番。陸路を自転車の前後ろに父が1時間ほどかけて清水港の銭湯へいき。

★母と小生と妹は、ポンポン船で30分ほど揺られながら三保の港から清水港の同じ銭湯へ行きました。

★嵐の後の海の波は高く、小三である小生と小一の妹は船べりで、海に吐きながら銭湯へ行き、帰りも吐きながらでした。

★それに比べれば、あちこちの痛みを自分でリハビリを湯の中でやりながら、毎日風呂に入れることの幸せは至高の幸せです。

★風呂に入れることが当たり前の人には、この幸せは絶対味わえないのです。

★皮肉でもなんでもなく、こうした日常の一つ一つが幸せです。

★そして、こうした過去の事はほとんど形を変えたり、事実に沿ったりしてラジオドラマや芝居にしてしまったのです。

★「だったらもう充分でしょ」と家人は言います。

★いいえ、十分ではないのです。

★そうした日本の戦後の、頑張って成し遂げた経済成長とは別の、戦後没落、墜落していった少年や少女や頑張っても時代の流れに乗れず、どうすることもできなかった、親たちのドラマをもっと多くの人に伝えなくては死にきれない思いがあるのです。

★小生の戦争反対は概念ではありません。体験から戦争は反対なのです。なぜなら、戦争は終わってもなお、何十年も弱いもの力の無い者、運にみはなされたものに、のしかかるからなのです。

★なぜ何十年も…その話は長くなるので、またの機会に。

★皆さんコロナ等に負けてはいけません。頑張って乗り切りましょう。コロナで儲けている奴らにだまされるな。

★奴らとは誰かわかるね、ベィビー!本日これまで、また気が向いたら。



theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

申請・登録の〆切が終わったら大晦日(おおつごもり)

富士12月30日
★写真は我が家のベランタから見えたこの日の夕方の富士拡大版です。

★締め切りに追われて、気付けば、大つごもりになってしまったと言うとかっこいいが、役所の申請・戯曲のアーカイブスへの登録等がこのところずーと重なり、煩雑で、直し直し、やり直しの書き込みの日々で、片付けもなんのその、ついに大晦日に入っていた。

★昨日は南青山の海抜32メートルあたりへ行って墓参りをしてきた。いつもは大晦日に家人と参るのだが、寒波の襲来が予想されたたため、いつもより早く29日に青山墓地へ墓参りに行き、父・母と、失意の内に亡くなった妹に参拝。その他の先祖も含めて、一応キリスト教式に祈りを捧げて、1年の感謝と来年への祈りを上げる。

★犬養毅の書生だった、祖父の先見の明(?)のおかげで、我が家には不似合いな青山墓地にいつでも参拝できる。

★そして、ここへ小生が眠る日も刻々と迫っているような気がする昨今。まあ、桜がきれいだそうだから良しとするか。

★あたりの風景はといえば、不思議な高層ビルが周りを取り囲み、何処からの基地からか飛行機の爆音が絶え間ない。

★けして、墓らしいいたたずまいとは思えないが、このところの歌によると「けしてここにはいません」という事になる。

★生まれる前の宇宙の塵埃になるのなら、仕方ないと思うが、若いころ遊びすぎたせいで、躯があちこち悪くなってきてから、書きたい事、書き残したいことが山ほどあることに気づいてしまった。愚か者でもある。愚かすぎるだろう―

★麹町に家があり、信濃町の慶応病院で生まれ、戦争に負ける2年と5か月は長野県の須坂市へ疎開というか、ソニーの前身の軍事工場で乳母のいる生活をしていた。でも幸か不幸か幸せすぎた頃の記憶はほとんどない。

★だが、戦後父に生きる力と運がなかったため、小生たち一家は静岡に流れ、父は約20種類も職を変え、一家8人はコメも買えず、塩結びと沢庵だけがおかずの夕食や、一日おきの素うどんで過ごした。だから俺はカルシュウムが足らず乳歯が永久歯に生え変わらず、頑張ったけれど奥歯のほとんどは40代前半で力尽きた。

★家の畳はすりきれて藁になり、上敷きも買えず、新聞紙を敷き詰めて暖を取ったが、北風は床下の板の隙間から吹き上げた。冬は寒くて眠れず、夏は藁に住み着いたノミや虱が痒くて眠れない。

★だからいまだに眠れずに夜型生活だ77歳だぜ。いい加減4時に寝るんでなく、10時に寝て4時に目が覚めたりしてみたいもんだ!

★「戦後は皆苦労したの」よと言うが、違うね。4軒に一台、テレビが買えたくらいの時代の話だ。

★ある時某女性ライターにエレベータの中で、傘が買ってもらえず長男の俺はいつもぬれねずみで、びしょぬれで学校まで走ったといったら、「また貧乏自慢か」と大声であざ笑われた。つられてまわりの4,5名も笑った。

★貧乏を自慢するか?自慢になるのか?

★俺は絶対にあの女ライターを許さない。

★中学生の頃、暮れには必ず、花屋のおばさんのりゃかーをおしたり、かまぼこ工場で、小魚のはらわたを裂いて、大晦日に終わって、帰ってきて銭湯に行っても、腐った魚のにおいは全身から抜けなかった。

★なぜ、学校に休みがあるんだ。休みさえなければ、働かなくて済むのにと思った。俺には学校拒否なんて信じられん。

★さて、大晦日、玄関の上り口に、井原西鶴ではないが、帳面をもって何でも付けで買っていた、乾物屋八百屋の借金取りがきて、すわりこみ、お袋と喧嘩をしだす。

★「なにも無いのよ。すっからかんだから、家探ししてみたら!」」「そんなこと言われても、一銭も持たずに親方のとこへは俺だって帰れねえんだよ」」「だったらそこに座ってれば。何もでやしないから」

★親父はその頃自転車に乗って、静岡の街をさまよっていた。酒が一滴も飲めない父に寄れるしゃれた喫茶店等ないころの話だ。

★紅白歌合戦がどんなにダサかろうと、家族そろってみられるという借金取りの来ない、今の普通の事の幸せを思う。

★だから、紅白だけはやめないでほしい。そして、行く年くる年鐘の音を聞いて、借金取りはいつの間にか消える。

★そして、新しい年が来る。去年がチヤラになりさえすれば、また少しはましな年が来るだろう。それこそが希望っていうもんだ。

★コロナ?なんて、どうって事ないよ。人は生まれ、死ぬんだ。花に嵐の例えもあるぞさよならだけが人生だ。

★うん、生まれはいいんだ。墓地も一等地。ただあいつ育ちがね……人間氏よりも育ちっていうだろ?

★お休みベィビー、また気が向いたら!

theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード