FC2ブログ

10連休には

万年橋欅

★子供の頃連休になると特に子供の日は、金のない5人兄弟の家族は、母が塩結びを造ってくれて、金のかからない遠くの公演へ徒歩で歩いて行って夕方までなんとなく過ごして帰ってきた。教育ママで私とはそりが合わなかったが、子供の日などは出来るだけの事をしていた。

★目の前でがけ崩れを目撃した年も有った。家は建てても潰されることを子供心に知った。

★それから60数年、やはり金のない家人と私はせめて人の居ない処へ行こうと、人の居ない金のかからない処へ行こうと考えた。

★家人が、以前住んでいた多摩センターの近くの巨木を観に行こうと提案したのだけれど、都心をまたいで人ごみにまかれるのも嫌で、スマホで「、東村山の近くの大きな木」と検索すると有ったのだ。

★600年700年という年輪を重ねた大きな木が。

★そこで、自転車に乗ってまず万年橋の欅を観に行った。たしかに木はあったが、樹齢などの説明はなくただ交差点にひっそりと立っていた。

★そして更に地図を頼りに自転車で梅岩寺を目指す。

★いつもながらG-グルの地図は分かりにくくて、極近所で、若い主婦に梅岩寺を訪ねたが、知らないという。

★やっと自転車でたどり着くと、欅が境内にそそり立っていた。

梅岩寺欅2JPG

★おまけにもう一つかやの木も境内にはあったのだ。

梅岩寺かやの木

★境内の木を見に来ていたのは徒歩で来た老婆と、老人に近い男が一人車で後からやってきたぐらいで、本当に人はいない。

★枝には緑の葉が茂り、見上げると何とも清々しい雄大な気持ちにさせてくれる。

★むすびを食べて、帰りにコンビニでコーヒをのんで、帰ってきた。

★膝はやはり痛くなったが、いい日を過ごした。

★上野の展覧会にも行きたかったのだが、家人とのスケジュールが合わず、小生がすねて、また喧嘩になって連休は終わった。

★そして連休の最終日から家内は地獄の6時起きの6蓮ちゃんが始った。

★日給月給のパートで働いている者は、休みとはいえ、連休は次の月の日給がへるだけである。

★大体休みなどと言う物はお上が決める物ではない。

★ギリシャは確かにEUの足を引っ張っているかもしれないが、彼らはほんの少し働いて、たっぷり遊ぶ、それに政府が従うので、
政府の施設はシェスタで昼休みに入ると、午後はそのまま施設を閉鎖してしまう。

★そのため古代の劇場を見れなかった記憶がある。30年以上前の話なので、今はどうだかわからないが。

★一方この国は、休みも年号も政府が決めて国民に押し付ける。押し付けられた国民は海外へ連休で行けるのは大手企業の家族だけじゃないかなどとは言わない。

★喜んで新しい年号に浮かれてはしゃいでいる。

★よく分からん。休みたいと思うのは国民で、本来それを救い上げ、忖度するのが政府ではないのか?

★またひねくれそうだ。

★本日これまで。お休みベィビーまた気が向いたら。
スポンサーサイト

theme : つぶやき
genre : 日記

さよなら平成

さよなら平成の富士

★写真は一昨日平成31年4月28日のわが家から見る富士の拡大版です。

★平成を振り返った先日のブログで誤りがありました。

★昭和最後のラジオドラマは小生の書いた「女王陛下のアルバイト探偵」と書いたが、これは記憶違いで。

★正確には「アルバイト探偵」-海から来たスパイの巻-大沢在昌原作・高谷信之脚色で昭和64年1月6日金10時45分~11時放送NHKFMアドベンチャーロードでした。

★「女王陛下のアルバイト探偵」は平成元年の7月に放送されたものです。

★さて、余り振り返りたくはないけれど、小生の平成を振り返ると平成元年1989年から始まった10年はラジオドラマとテレビドラマNHK「風ふたり」や、NHK名古屋局作成の「中学生日記」を平成5年1993年~平成9年1997年まで書き続け、其の間ラジオドラマも脚色と創作を書き続け実に忙しい日々であった。

★この間にラジオドラマ「天主堂」で平成5年ギャラクシー賞の奨励賞をいただいたり、同じくNHKのラジオドラマで「枝の上の白色レグホン」平成8年の文化庁芸術祭の大賞を頂いたり。

★わが人生最高に忙しい日々であった。

★それにしては借金しか残っていないのは何故か?芝居に注ぎ込んだだけではないのだが、その話は又置いといて。

★そして、1999年平成11年の4月~劇団ギルドを結成し以来20年、38回の公演中35回の作演出をして、解散をするという自分で言うのも烏滸がましいし照れくさいが、怒涛の30年でありました。

★勿論様々な出会いに恵まれ、支えてくれた数々の方のお蔭で、その30年と数カ月を主にマスコミ10年芝居20年のバランス良い創作の日々がやれたことは感謝以外何物でもありません。

★ただ、回顧したり、感慨に溺れてこれで終わりたくはないので、体力勝負が更に大変な新元年度(あまり元号が好きではないので)になるけれども、最後の力を振絞り、スクラップ&ビルドの日々を送っていく覚悟です。

★最後にダジャレを一つ。Hey SayとSNSを通してなんでも誰でもが言いたい放題の英語の時代から礼 話(礼を尽くして話をする)日本語の時代になればいいと思うばかりです。

★本日これまで。お休みベィビー、また気が向いたら。

theme : よし今書いておこう♪
genre : 日記

終り行く平成

平成最後の満月

★写真は先日の満月です。

★今流に言うと平成最後の満月だそうです。

★元号が変わろうと月に変わりはないのだけれど。

★話変わって昭和の一番最後のラジオドラマは小生が書きました。

★あれは確か、1989年の1月7日(土)に昭和天皇が崩御され、その大分前よりご病気が続いていたので、友人の東海地方のカメラマンはずっと上京していて、電話をして「今何をしているんだ」と聞いたら「皇居の二重橋をずっと撮っているんだ」と言っていた。

★なるほどテレビは番組が終わると深夜各局一斉に、皇居二重橋の動かない映像を横並びで映している日々が何日か続いていた。

★例年正月3が日はNHKのラジオも特集がない限りラジオドラマの放送がなく、1月4日より夜10時45分~15分のアドベンチャーが放送されていた。

★事前に陛下の御躯の状態がある程度分かっていたたため、もし崩御なされた場合、歌舞・音曲のたぐいをそのまま放送することはないので、普通は連続の物語であるアドベンチャーを、1話完結でとりあえず5話作れというオーダーが小生の処には多分年末に来ていた。

★そこで以前にも書いたことの有るシリーズ大沢在昌作のアルバイト探偵の続編「女王陛下のアルバイト探偵」を、一話完結で5本書き既に納めていた。

★1話4日(水)2話5日(木)3話(金曜日)の夜10時45分~11時に放送されたその「女王陛下のアルバイト探偵」第3話が昭和最後のラジオドラマとなった。

★ちょっとしたカルトクイズとしては覚えておいてもいいんじゃないか?いいや、どうでもいいことだ。

★翌7日は放送はニュース以外ほとんどクラシックが流れていて、当時大流行だった、貸しビデオ屋のビデオがほとんど空になったと聞いた。ゲームもそれほどなかった時代である。

★そしてその頃、私がのめり込んでいた、全ての公営ギャンブルは中止になり、パチンコ屋も店を閉じた。

★そこで、歌舞・音曲・演劇そしてギャンブルの類は不謹慎な物なのだと、改めて思い知らされた。勿論テレビドラマ・バラエティ・ラジオドラマもである。

★だから当時小生は不謹慎な物ラジオドラマを書いて生活し、ストレスがたまって、不謹慎なボートレース等をやっていた自らの処し方がずいぶんと世の裏側ばかりで生きているのだとかなり憂鬱になったものである。

★それに比べれば、今回は天皇陛下の生前退位と言う事でまるでお祭り騒ぎである。

★それはそれで不謹慎と思うが、ニュース以外は一日中、クラッシックの音楽をバックに当たり障りのない風景動画を流すのよりはいいのかもしれない。(そんな中、テレビ東京またの名を東京12チャンネルはえらかったねー、ほとんど通常放送体制を崩さなかった)

★小生は贋アナーキストなので、天皇制の熱烈支持者でもないが、平成の天皇は昭和の天皇がやむなく巻き込まれてしまった戦争と言う事への謝罪や、祈り、被災地の方々への度重なる訪問と、自らの御躯を顧みず、ひざをついての激励等は本当に中々できる事ではないと思う。

★民間から嫁いだ美智子皇后さまからのサポートも、有ったかも知れないが、これほどまでに誠実に、国民や戦争犠牲者に対峙し祈られた事は本当にすばらしいと思う。

★次の時代がどうなるかはわからないが、平和で、かつ弱きものへの慈しみを持った象徴であってほしいと思う。

★小生ごときの不謹慎に、世の裏側を生きて来た者がああだこうだいうことではないが。

★なお付け足しでいえば放送されなかった「アルバイト探偵」の4話と5話は平成という時代になってから、5月頃に放送されました。

★本日これまで。平成が終わって新しい元号になるからって、はしゃぐなよ。政権が変わったわけじゃねえんだから!

★お休みベィビー、また気が向いたら!


theme : 記憶の果て
genre : 日記

今年の桜は長かったけれど

櫻満開2019
★写真は満開の近所の櫻です。

★今年は櫻が咲いても妙に冬のような寒い日が不意に来たり、多摩地方はあまり風が吹かなかったりで、随分と長持ちしました。

★それでも花の命は短くて、すでに近所の櫻は大分散ってしまいました。

桜は散って

★さて、齢76歳になってから二週間強、随分いろいろな事が有りました。

★「令和」?

★ほとんどの人が喜んでいるので、今更小生如きが言っても始まらないのですが、どの辞書を引いても第一番に出てくるのは「命令」とか「命令の意の漢字的表現」などとあり、英訳すればBBCの ORDERは決して誤訳ではなく。

★ましてBeautiful等と言う意味はどこにもないのに、こじつけて英訳を諸外国に送ったとかの話だ。

★「和」は近々で見ればあの忌まわしい戦争ばかりの昭和の和であり、うがった見方をすれば命令に従って昭和を見習えとしか取れないのはへそが曲がりすぎているのか?

★この場合の昭和とは岸信介から始まって佐藤栄作に至り、安倍に続く代々一族の君臨した昭和と言う事で、庶民の地を這うようにして頑張った昭和の事ではない。

★話変わって、誰も言わないし、宇宙に夢馳せる世代としては水を差すわけではないが。

★はやぶさ2が、りゅうぐうという星に金属弾を撃ち込み成功したという事は、やる気になればホワイトハウスの執務室だろうが、なんとか国務委員長の居場所に一発で狙い撃ちが出来るという技術を日本が開発したという事なのに。

★その事に触れる人やマスコミが一つもいないのはどういうもんか?

★だってこのことの難易度は目隠しして流鏑馬で的を射るとか例えているが、どうなのか?

★北朝鮮のロケットについては鬼の首を取ったように報道するのに、頭の部分を悪い奴が核弾頭とか爆弾にすり替えるだけで、何処の国も、何処の大統領も狙い撃ちできるという事だよね。

★ウランやプルトニュウムを発明した人間は何万人の人間を一瞬に殺してしまうなどと言う事を考えて居たのだろうか?

★5Gの時代とか騒いでいるが、どれだけ人間にその電磁波が悪影響を及ぼすかの研究は、はなはだしく遅れている。

★かって寄生虫と共生していた人間が衛生的になりすぎて、アレルギー状態が増して、花粉症が蔓延したことも、落葉樹を切り倒して、杉を植え替えて生態系を壊したことも忘れている。

★科学の進化は両刃の剃刀なのだ、という事を強く念ずべきではないのか。

★まあ、ええ加減な、偽アナーキストの小生が言う事なので、そんなことは忘れて、櫻の下でせいぜい酒でもかっ喰らいましよう。

★「花に嵐の例えもあるさ、サヨナラだけが人生だ」~こんな心境です。

★本日これまで。また気が向いたら。




theme : ひとりごとのようなもの
genre : 日記

齢重ねて

櫻5分咲

★わが家の近くの五分咲きの櫻です。

★櫻と書いたのはかなりの老木だからです。こちら多摩地区の櫻は都心よりだいぶ遅れていて、3月27日現在都心の櫻は満開のようです。

★小生も櫻でいえばかなりの老木となりました。作日と言っても暦の上では一昨日3月26日無事(と言う言葉が当たっているかどうか)に76歳になりました。

★まだほんの五分咲きと本人は思っているのですが、生を受けてから75年がまるまる過ぎて、76年目に突入してしまいました。

★脳内神経は36歳くらいの程度で止まっているのですが、毎夜歯を磨くときに鏡を見ると、何ともしわだらけの老人が鏡に映っていて、毎回びっくりします。

★幸い芝居をやっていると若い仲間との交流もありますし、皆さん気を使ってくれて、年寄り扱いしないでくださるのが、何とも嬉しい限りです。

★たまたま今宵新聞を読んでいたら57歳で小説家としてデビューした方が、「遅咲き」と書かれていて、76か77歳でデビューを企てている小生はデビューしたら「死に体作家」とでも呼ばれるのかと思い、世間の常識という罠に危うく巻き込まれそうで、嘘寒くなりました。

★まだまだ五分咲きで、後の五分を自身の内側から楽しもうという小生は不遜なのでしょうか?

★男の平均健康年齢(寝たきりや動けなくならない状態)が72.何歳とかからみれば、膝の痛みや、前立腺がんの予兆とか睡眠障害等は軽いものです。

★それもこれも、FBを通しての沢山のお祝いの言葉や、そういったものには関心がないけれど、色々と叱咤激励して下さった先輩、友人のお蔭さまと、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

★勿論亡くなった親にも感謝しております。そう、支えてくれる兄弟や家人にもです。

★勿論75年も生きてくると、怨み骨髄と言う方も何人かいますが、そういう人も小生を強くしてくれたのだと思えば、頭を下げざるをえません。

★長くなりましたが誕生日後なので許してください。とにかく、簡単にはくたばらず、今年も何かを造りだしていく所存です。

★煙たがらず、宜しくお願いします。出来るだけ説教はしないつもりですので。

★本日これまで。お休みベィビー、また気が向いたら。


theme : つぶやき
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード