fc2ブログ

相米慎二との日々#4

赤い梅

★近所の公園の梅です。2月2日に撮影。

★さて、「ションベンライダ―」という映画の続きです。食堂の通行人の撮影が終わり、その日熱海まで移動して、公民館のようなところで「寄合い」(古い言葉だねー)のシーンを、また別の役所の職員の役で参加する予定だったのですが、やはり予定は伸びて、熱海に泊まりとなり、翌日の撮影という事になりました。

★それ程多くの撮影に参加したのではありませんが、通常監督はキャメラの横のディレクターズチェヤーに腰かけて、カメラをのぞいたり、カメラマンと打ち合わせをしたり、時にはカメラマンと撮り方についてのやり取り等で、撮影が押したりするのですが、相米監督の場合は、ほとんどそういうことはありませんでした。

★撮影がストップする時は必ずと言っていい程、役者へのダメ出しと演技指導で、近くの蕎麦屋や喫茶店などに少年たちをよんでの話合いがとてつもなく長くなり、撮影が押すのです。

★ですから、その為予定はどんどん伸びて、熱海の撮りが翌日に延びたりします。

★なんで撮影が延びているか一部わからないスタッフは、待機の長さにじれてきて「おい、何待ちなんだよ、いったい」等と助監督に詰め寄ったりします。

★ですが、承知している助監督たちは、古いスタッフをなだめて、長い待機時間をなんとか持たせていくのです。

★この映画は殊更少年少女が主役の映画でもあったので、こういった光景が多くみられました。

★勿論あの有名な長回しの段取りはカメラマンの田村正毅さんや伊藤昭裕さんとあらかじめじっくりと打ち合わせしてあったのだと思いますが、撮影が始まると、監督は本当に長時間役者と納得がいくまで話し合います。

★こういうタイプの監督にはあまりお目にかからなかったと思います。

ションベンライダ―脚本

★写真は当時の台本です。この脚本をぱらぱらとめくって気が付いたのは、ジョジョ役(長瀬 正敏)のセリフの所に、処々横棒が引かれていて、カタカナでアク・アクと小生の字で書かれたところがありました。

★記憶に薄れてしまっていてあまり覚えていないのですが、多分アクセントのチェックを監督から頼まれてセリフの横に、記入していたのではないかと思われます。

★撮影に入る前の演技のための特訓と、まるで芝居の読み合わせのように丹念に台本の読み合わせをやっていたように記憶しています。

★その時の藤 竜也さんのウィスパーに近いぼそぼそという言い方と、突然どなりだす強弱の付け方、リズミカルなしゃべり方には感嘆させられたものです。

★さて、その途中の昼休みだったと思います。相米監督とプロデューサーの方と小生3人で食事をしていた時のことです。     相米監督がふとこんなことを言いました。「ねえ、高谷さん、書き直しのために、破り捨てた原稿用紙を惜しむような作家は駄目だよなあ」「まあ、そうですね」と小生。

★何のことかわからずそう答えると、監督は「同じようにさ、NGになったフィルムを惜しむような監督はろくなもんじゃないよね」その時、本当に苦虫を食いつぶしたように顔をしかめていたプロデューサーの顔は、今でもはつきりと目に浮かびます。

★スケジュールの延長といい、長回しによる予定以上にオーバーするフィルムの量は、半端なかったのだと思います。

★そのため、分かってはいても、製作者としては次々に起こる予算オーバーについては、きっと我慢ならなかったのだと思います。

★それでも、相米監督の予算超過やスケジュールオーパと、とことん戦い、自分の納得のいく映画を撮り続けていた姿に、小生は圧倒されました。

★日活の助監督時代の我々の劇団「八騎人(ハッキジン)」の稽古場に遊びに来たり、麻雀をしたりしていた相米とは全く別の、名監督相米慎二を目の当たりにしていたのです。

★「英雄色を好む」ということはご多分に漏れず色々ありましたが、ここには書けません。

★小生が一番好きな作品は「魚影の群れ」です。緒方 拳さん夏目雅子さん佐藤浩市さんも素敵でした。

★そしてDVDをもっていたても、未だに、中々観ることが出来ないのは遺作になった「風花」です。

★これも大好きな小泉今日子さんが出ているのに、なぜか未だ観ることが出来ません。

★あまり引っ張っていると、こっちの寿命がなくなってしまうのに、春が来たら、心を決めて「風花」を観ようと思っています。

★それにしても、あんなに若く才能を散らしてしまった、相米慎二という大監督を今でも小生は悔やんでいます。

★あれから40年、「ションベン・ライダ-」この頃、まだ小生38歳の若造でした。相米監督も33才でした。「青春、青春、青春また来たらず」―これ本当にあのゲーテが言った言葉なのかい?

★本日これまで、お休みベィビーまた気が向いたら。



スポンサーサイト



theme : 伝えたいこと・残しておきたいこと
genre : 日記

相米慎二との日々#3

多摩湖から望む富士の夕景

★写真は2022年1月末、多摩湖から望む富士山の夕景です。

★無事に演技指導が終わり、相米監督の「ションベン・ライダ―」が撮影に入ったのは1982年の夏だった。

★本棚をひっくり返して、出てきた、西岡琢也・チエコ・シュレイダーさんの脚本「ションベン・ライダ―」の中に挟まれていた、スケジュール表によれば、撮影に小生と、最初に仲間と造った劇団八騎人(ハッキジン)の女優、麻倉淳子が撮影に呼ばれたのは、1982年のお盆の前後だったと思う。

★というのは、残っているスケジュール表と撮影したシーンがかなりズレていて、予定通りに撮影は進んだとは、とうてい思えないからである。

★その真夏のカンカン照りの日、横浜の運河べりの道で、昼頃、麻倉がたしか花嫁衣装で主人公の少年たちとすれ違うシーンを撮った。

★そして午後、近くの食堂を借り切ってロケが行われた。小生の出番である。

★原日出子さんと、たしかジョジヨ役の長瀬正敏・ブルース-リー役の河合美智子・辞書役の坂上忍が話をしている食堂の中から引き戸越しに見える往来に、大きな床屋の、青と赤のぐるぐる回るガラスの丸い看板が据えられていた。

★ちなみにあの青と白のぐるぐる回る看板は、昔は医者が散髪もやっていたので、静脈の青と動脈の赤を象徴しているという説もある。

★道路に置かれた看板がなんと、シュールにも、敷かれたレールの上を、ゆっくり右に移動したり、また左へ平衡に移動したりしているのである。

★その丸いガラスの看板の所に差し掛かった、片足にギブスをして、松葉杖をついた痩せた男(当時は小生47.5キロのガリガリだった)が、その動く看板につられて左へ行ったりまた戻ったりというのが、小生に与えられた役だった。

★勿論食堂の一番奥にカメラは据えてあり、開けっ放しにされた食堂の外の遠景だから、フィルムに映っているかさえ定かではない。

★まして、撮るには撮ったが、結果的にカットなどというシーンは、映画の世界では山ほどあることなのである。

★だが小生はそれなりにプランを立て、ヨーイ、スタートの声がかかる直前まで、用意した水を大量に飲んだ。(勿論あの時代ペットボトルの自販機等ない時代だった。)

★どうやって水を用意したのかはわからないが、自分で用意して、がぶがぶ飲んだ。看板に近づいてきたマツバ杖のどうでもいい通行人は、目をぎょろつかせ滴る汗をぬぐおうともせず、息荒く行ったり来たりした。

★勿論多少うなっても、マイクは食堂の中セリフを捉えているから、主人公たちの芝居の邪魔にはならない。

★ただ、映っているかどうかという問題なのだった。

★何回かの取り直しのあと、本番が終わり、助監督が寄ってきて、「大丈夫ですよ、ここはカットされません」と小声で囁いた「えっ、どうして?」と小生。

★「あのレール付きの床屋の看板、監督の希望で、あれだけで100万円かかって作ったんですから」
「100万?」と小生。

★「カットできないんですよ、プロデューサーの手前。だからタカヤさんきっと映ってます」

★なるほど助監督の言うとおり、DVDになっても、食堂越しに左右に汗みどろになって移動する、小生の姿は残っていた。

★それと、嬉しかったのは、たまたま出番はなかったのだが、そのシーンを見ていた藤 竜也さんが、通行人の台本に名前も載らない役の小生をねぎらって、終わって着替え中のロケバスのステップの所までやって来て、片足をかけ身を乗り出して、私に「お疲れさまでした」と大声で言ってくださったことだ。

★多分狂気のように汗だくで演じるガヤの芝居に、何か感じてくださったのだと思う。藤 竜也さんの大ファンでもあった私には、とてつもない感激の一瞬であった。

★相米監督も後で近寄ってきて、にやにやしながら「なんかやってたねー」とからかうように小生に呟いた。

★さて、寄り道ばかりして、相米監督の撮影のすごさやエピソードに中々至らない。これらの話は決して自慢話ではありません。
誤解なきように。

★若くして亡くなった偉大な監督と、小生の一瞬のすれ違った日々を書いたものです。

★次回は相米監督の撮影術など、小生の感じたことの本論に迫りたいと思います。

★長くなったので、本日これまで。お休みベィビー、また気が向いたら。

theme : 伝えたいこと・残しておきたいこと
genre : 日記

相米慎二との日々#2

2022・1月9日富士川から見る富士

★写真は富士川の鉄橋から見た富士山2022年1月9日

★PCR検査を受け(有効期間3日間で、この日9日まで陰性)久々に静岡に行き、8日静高演劇部の同窓会と9日は親友Aの墓参りをして、帰京しました。

★静岡では、この新幹線から見る富士山と、昔私たち一家が居候して住んでいた、あの天女が舞い降りた、三保の松原から見る富士が最高だそうです。

★さて、前回の続き、相米慎二監督の「ションベン・ライダー」の撮影前、約1週間か10日(日記を書いていないのではっきりしない。)助監督の矢野さんを通じて相米監督に頼まれて、出演者の少年少女達の撮影前の演技特訓を小生が日活撮影所で行いました。

★もう、当人たちは覚えていないでしょうが、長瀬 正敏・坂上忍・河合美智子(当時はまだ鈴木と言っていた)ともう一人の鈴木吉和の4人でした。

★長瀬はと河合はオーディションで選ばれたと思う。坂上もそうかな?

★長瀬はオーディションに受かり、なんの経験もなく、九州からこの映画のために出てきたばかりで、九州なまりの取れない好少年だった。

★河合美智子もまだ幼さが抜けずに「大人になったら何になりたい?」と聞いたら「漫画が好きだから本屋さんになりたい」と言った「本屋さんは本を売る方だから忙しくて漫画読めないよ」とこちらが返すと「そうか……じゃあ、どうしょうかな」と首を傾げ、実にピュアーな女の子だった。

★坂上忍はもう子役として大分活躍していたので、演技も旨く、礼儀正しいまじめな少年だった。

★ある時、用意をさせて、各自自由に何か歌ってみるという課題を出した。

★すると、それまで、もう有名人なので、若干坂上と仲の良かった河合が、永瀬のロック調のカラオケに合わせた歌を聞いた途端、
それに魅入られて、急にそれからは永瀬との距離を縮めたようになった。

★実に乙女チックなさまを小生は興味深く、昨日のことの様に覚えている。

★多分坂上はその時何度目かの挫折感を味わったのではなかろうか?

★映画の公開が1983年2月とあるから、おそらく1982年の夏か初夏だったと思う。

★坂上、長瀬、河合の3人は今では、皆さんご存じのように素晴らしい大人の役者になった。

★そのごく初期に立ち会え、演技指導出来たことは思えば幸せな事である。

★この映画には、原日出子さんや、賠償美津子さん、そして、あこがれの藤 竜也さんが出演されていて、小生も、ほんのちょっと出演しているのですが、話は長くなるので、その撮影での秘話と相米監督の特異な撮り方に関してはまた次回。

★おやすみベィビー、また気が向いたら。

theme : 伝えたいこと・残しておきたいこと
genre : 日記

相米慎二との日々

21年11月本棚
★これは昨年2021年11月、引っ越したばかりの壁際の写真です。

★とにかく、今まで部屋が狭く、本棚に押しつぶされそうに暮らしてきたのだが、一部屋増えたので、ほとんど本は捨てずに持ってきた。今までは押し入れの中や、天袋に無理やりに段ボールに詰めていた本も、なんとか壁際に並べることが出来た。

★中にはとっくに、こんな本持ってたか?などという本や。本屋の入れ替えのサイクルが早いので、とりあえず買っておくだけで積んでおいた本や、(昔はパソコンもアマゾンも無かったからね)昔読んで中身を忘れてしまった本等、とにかく様々な本がなんの規則性もなく本棚に詰まっている。

★二重本棚も何本もあり、本の背中をぼんやりと見ているだけで、色々な発想や、「そうだ、あれを参考にドラマを書かなきゃ」とか、本の背中は、なんとなく眺めているだけで様々な発想が出てくる。

★整理して押し入れやロッカーにしまってしまえば、その本はもはや、墓石の下の骨と同じような物になり果てる。

★だから本だけはランダムでもいいが、背中をという事は題名を、小生に見せけなければならないのだ。

★それがようやく実現した。

★あふれる本のの背、背、そこで1つ誓ったことがあった。当分新しい本は(例え古本であっても)買うまいと決意したのだ。

★しかし、本屋にはどうしても立ち寄ってしまう。わが町には、ベストセラーと雑誌と主に漫画を売っている小さな本屋しかないので、新宿や、六本木、はては立川、国分寺、吉祥寺などに出たときは、時間があれば新刊本か古本屋に寄る。

★寄ると買うまいと決意居していたのに、なんか買ってしまう。

★ふと手に取ったのが次の本だった。発行東京ニュース通信社・発売講談社。

相米慎二という未来

★どうしても買いたくなってしまい、また一冊の本が増えた。新居第一号である。

★「どうするの、この膨大な本とDVDやブルーレイ、絶対死ぬまでに読み切れないよ。見ることができないよ。」

★必ず読んで観るから大丈夫だ!

★「一体いつまで生きるの120才」

★とにかく本の背中だけは俺に見えるように並べてくれ。それが発想のの原点だ。

★「ふーん。本の背中……」まあ、家人とはこんな会話の繰り返しだ。

★話変わって、小生2回劇団にいた。一つ目の八騎人(ハッキジン)は29歳の時五月舎という養成所に、年を5つ程若くごまかして入り、「7人の侍」ではないが、8人の優秀な同士を募って旗揚げをした劇団だ。


★もう一つは1999年4月に若い人達と作って、2018年に36本打って解散した劇団ギルド(後にG.Cが付く)だ。

★八騎人は1973年に設立して、小劇場のアングラ芝居が流行っていた頃、16本の中劇場でのスペクタクルでなおかつシリアスな芝居を打って、中間演劇を目指したが、1回公演を打つと、多額の借金を背負い、その返却に3年ぐらいかかったりして、いつの間にか解散ではなく霧散した。

★まだ八騎人は解散したわけではないので何処かに存在していて、霧のように時々時空を漂っているのかもしれない。だか、これは幻の劇団になってしまっている。

★そして相米という、あの大監督を偉そうに呼び捨てにするには訳がある。

★まだ八騎人の初期の頃、稽古場や事務所(と言っても劇団員が住んでいる阿佐ヶ谷の小さなアパート)でマージャンをしたり、稽古を見に来ていた、日活ロマンポルノの助監督はまだ名前も通っていない、助より、未監督に過ぎなかったからである。

★その相米監督と「ションベン・ライダ―」という映画の主役の子供たちへ、撮影前の演技指導のを頼まれて、10日か2週間程日活の撮影所へ小生通うのだが、長くなるのでその相米須監督との因縁や仕事の話を次回はしよう。

★本日これまで。

★尾身クロンに騙されるな!
小池の説教なんか聞くな!
そして岸田のころころ変わる軟弱路線に騙されるなよ、同輩諸君!
2年以上も暇があり、対策が出来たはずなのに、何もせず、自分たちの私利私欲にばかり走っていたコロナゴロを俺たちは決して許さない!


★お休みベィビー、また明日。

01/14のツイートまとめ

takaya430326

@Alice1211_Mg 世界的な大女優になれる若手はあなただけだ。そのことのみを心に、好奇心をもって豊かなONとOFFを!生涯現役の78才ジジィが応援しています。
01-14 10:19

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)は1972年からNHKラジオドラマを約80本書き、映画、テレビ中学生日記等主にNHkのシナリオを手掛ける。【ラジオドラマ】「枝の上の白色レクホン」では、芸術祭大賞をとり同じく『天主堂』ではギャラクシー賞優秀賞をとる。
また若者たちと劇団ギルドを1999年に立ち上げ、20年続け、37回公演で2018年秋解散した。70代後半に向かい、演劇のプロジェクト、あくなき、小説・演劇・シナリオの挑戦創造に賭けており、また日本放送作家協会の理事は岩間良樹理事長の時代より20年以上続けた。
他に長崎県諫早図書館・壱岐未来座等のシナリオの書き方、演劇の演出講師、指導等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード