あれから何年経つのかな

八騎人時代の高谷20代後半

写真は演劇集団八騎人時代の多分20代頃の写真でした。何の根拠もないのにつっぱっていました。30歳以上の大人は信用するな!、俺も30前には死ぬと言い張っていた時代です。

★ところが今は花の74歳。笑っちゃいます。ちゃんチャラおかしいです。

★「こりゃあ!何処からでもかかってきやがれ」と言うように肩肘張って、人ごみや駅の混雑した駅のホームでは歩くと、何故か大きな男が避けて歩いていたのを覚えています。

★まあ、そんなお恥ずかしい時から幾星霜。久しぶりに昨日、目の検査に行ってきました。

★「加齢黄斑変性症の手術の後は、あまり見えず、むしろ眼底出血をレーザーで焼いたような跡があります」と言われて、元の右目の眼下は白内障の手術はしたのだけれど、後は何をやったのかとても疑問に思った。多少の血管の出血があるがそれは血液サラサラの薬の影響かもしれないという。

★久米川の新しい女医のお医者さんで、実に丁寧に眼底から眼圧等々をちゃんと撮ってくれて、眼球の底を撮った写真を見ながら説明してくれた。

★2年以上前行った眼医者は、緑内障の恐れがあると、行くたびに薬をくれたが、今の処緑内障の心配はなく、薬なしで良いとの事である。

★パソコンの仕事をしているので、眼鏡としては、中・近の眼鏡を造りそれで仕事をすることにした。その検査にまた行く。

★「他に心配はないですか?」と聞いてくれ本当にいい医者だった。

★医者はやはりセカンドオピニオンをたずねるべきだ。

★俺の次の爺の患者は待ち時間が3時間と長いと文句ばかり言っていた。待つと言う事を読書するとか、空想するとか、なにかを作り出す時間に転換できない馬鹿やろうだ。

★こういうやつがまた選挙に適当に自民党に入れて、この国をだめにしてくだなと、ちょっと怒りがこみ上げた。

★俺は20過ぎてチンピラの格好をしていても選挙を休んだことはない。自慢にはならねーな。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。
スポンサーサイト

theme : ダメ人間日記
genre : 日記

台風の後で

久々の富士2
★写真は台風一過、久々に見えた昨日9月18日の富士です。

★列島縦断に近い台風で、被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

★ところで、これも台風の余波と思いますが、今日家人が練馬の職場の近くで、こんな鳥の子供を拾ってきてしまいました。
正確にいうと、知り合いの人が拾ってきて、野らの猫に食べられても可哀そうだと家人が家に持ってきたのです。

雉鳩A

★どうやら雉鳩の子供の様で生後20日位のようです。わが家では、飼っていた猫のアビが亡くなってから、動物を飼いたがる家人の病は止まりそうにありません。

★家には、もはや死にかけた人間の、可哀そうな爺さんが1人居るのに、そんなことは目もくれず、動物三昧です。

★命に関しては駄目とも言えず、大きくなるまで飼って、離してやることにしました。

★これで我が家は写真では旨く映っていませんが、金魚とクチボソとタニシと、それに兜虫と雉鳩になりました。

金魚

兜虫

★カブト虫は「かぶちゃん」。雉鳩は台風の風に運ばれてきたので、風(ふう)ちゃんと命名しました。金魚にはまだ名前はありません。

★愛情が薄いわけではないのですが、なんとなくです。

★本当に狭い部屋に一家はどこまで増えていくのでしょう。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。

theme : 今日の出来事
genre : 日記

上田の空

上田の空
★写真は上田の空です。この青が空と言うものです。

★今回上田に2年前東京から移り住んだ知り合いの家へ小生と家人と家人の親友と3人で押しかけ2泊しました。

★台風の前、9月11日~13日の事です。

★上田は吾が母方の祖父のふる里なのに、もうすでに知っている親戚もほとんどないので、色々調べようと思ったのですが、友人の家が上だから1時間以上バスに揺られた田舎だったので、上田の市街は調べる暇もなく、仕切り直しと言う事にしました。

★再チャレンジするつもりです。祖父は若い頃、内村鑑三に見いだされ、後に弟子となったのですが、後半別れてキリスト教の独立伝道をしたのです。

★この話はまた後ほど詳しく。。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

09/17のツイートまとめ

takaya430326

RT @_miwa_akihiro: あなたを育てるのはお父さんでもお母さんでもない。両親と先生は手助けをするだけです。あなた自身を育てるのはあなたなんですよ。
09-17 16:46

倉敷の町

倉敷8/28
★写真は倉敷の町です。

★倉敷は父方の故郷の近くで、倉敷の近く高梁から暫く行った処です。

★何年振りかに仕事の帰りにその倉敷に寄りました。

★大原美術館で以前来た時はムンクの「叫び」があったと思うのですが、貸し出したのか、それともその時借りていたのか分かりませんが、今回はありませんでした。

★今回はエル・グレコの受胎告知がなんと言っても圧巻でした。

エル・グレコ

★小生大雑把にいうと、大体エル・グレコとかベラスケス・ドラクロワ等の画が好きです。

★中でもこの受胎告知は天使がマリアに受胎したことを知らせる瞬間を描いた聖画で、何とも言えない神々しさに感動します。

★自らの町の場所を「美観地区」と名乗っている事だけはちょっとしらけますが、それ以外は倉敷は半分故郷なので、なんとなくほっとします。

★来週は偶然にも母の故郷長野県の上田に行く事を企んでいます。

★父と母は東京で出会い、何時か東京-長野県須坂―静岡県清水―静岡―横浜―東京と転々としたので、うちの一家は故里の無いボヘミアンなのですが、父の里、母の里を廻ると、なんとなくほっとするものです。

★誰にもそういったところは絶対必要なのです。故郷を追われた福島の人の心の底はまだ穏やかではないとしみじみ思います。

★あっという間に寄る辺ない東京は、風が身に沁みる秋です。

★本日これまで。お休みベィビー!また明日。

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

プロフィール

G.C(グランド・キャノニオン)

Author:G.C(グランド・キャノニオン)
G.Cことグランド・キャニオン・ビリーブ・ミーこと高貴な谷、つまり 高谷信之のこれはブログです。

G.C(ジードットシー)はラジオドラマ80本書き、映画、テレビのシナリオを手掛ける。
また劇団ギルドの代表でもあり、劇団の運営、限りない創造に賭けており、また放送作家協会の理事でもある。
他にシナリオの書き方講師等もしている。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード